会うは別れの始めの意味とは?ことわざの使い方や例文を解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

会うは別れの始まりという、ことわざの意味や使い方について解説します。

このことわざには、出会いを想像させるだけではなく、

  • 時間の大切さ
  • 儚さゆえの美しさ
  • 人の成長

も含まれていると考えれました。早速見ていきましょう。

読み方会うは別れの初め(あうはわかれのはじめ)
意味出会いがあれば別れは訪れる。
ローマ字auhawakarenohazime
使い方今の時間を大切にするべき、いつか別れは来る。
英文訳We never meet without a parting.(別れのない出会いはない)

The best of friends must part.(1番の親友でも別れは来る)

類義語別れなくして、出会いなし。合わせものは離れもの
目次

会うは別れの始まりとは

会うは別れの始まり

会うは別れの始まりの由来、仏教の法華経から、連想させる言葉が書かれているのを確認しました。

「意味」出会いがあれば別れは訪れる

出会いがあれば、いつの日か別れは来ます。

例えば、人間の寿命は永遠ではないですよね。生きていれば必ず別れはきます。事実を受け止めましょうという意味が「会うは別れのはじまり」です。

「例文」恋人との別れ

恋人との別れも同じです。しかし、その別れにも意味があります。誠実な人であれば、別れを前提にお付き合いするわけではないですよね。その過ごしている時間は、恋人との幸せを感じるはずです。

出会いがあれば別れもあります。それが早いのか、遅いのか、その違いが、会うは別れの始まりです。

また出会いを重ねていき気づくのです。時間の大切差に。

つまり出会いと別れを重ねて大人になり成長していくのが人間です。

「使い方」今の時間を大切にするべき、いつか別れは来る。

[chat face=”naruzou.png” name=”ためになるぞう” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=””]これだけ生きていれば、出会いもあって別れも多かったですね。[/chat]

[chat face=”obaasan_face.png” name=”ためになるこ” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]そうですね。[/chat]

[chat face=”naruzou.png” name=”ためになるぞう” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=””]出会いの嬉しさもあれば、別れの悲しみがある。まさに会うは別れの始まりですね。[/chat]

[chat face=”obaasan_face.png” name=”ためになるこ” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]確かに、別れは悲しいですが、その濃い時間を大切にしたいものですね。[/chat]

これが会うの始まりの使い方で1番正しい使い方なのか、「会うの始まりの会話で」日常で最も使える例文なのか、色々な意見があると思いますが、この使い方は覚えやすいと考えれました。

「同じ意味の四字熟語」会者定離

会うは別れのはじめの言葉の意味と同じ四字熟語に会者定離があります。

会者定離とは

会う者は必ず離れる運命にあるということ。人生の無常をいう語のことです。

「会うは別れの初め」まとめ

いかがでしたでしょうか。

・会うは別れの始まりの意味は、出会いがあれば別れも訪れる

・会うは別れの始まりの使い方は、今の時間を大切にするべきです。

出会いと別れは必ずあります。その中身の時間は絶対に大切にするべきです。会うと別れの始まりには、出会いと別れを想像させるだけでなく、時間の大切差についても物語っていると考えれました。

[box06 title=”あわせて読みたい”]一期一会の意味とは [/box06]

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる