悪銭身につかず(あくせんみにつかず)の意味と使い方とは?例文と合わせて解説!

悪銭身につかず
URLをコピーする
URLをコピーしました!

「悪銭身につかず(あくせんみにつかず)」ということわざを知っていますか?

よく見るけど、ことわざの意味は分からない…なんて方もいらっしゃるかもしれません。

本記事では、「悪銭身につかず」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。読み終える頃には、「悪銭身につかず」マスターになっているでしょう!

 

読み方 悪銭身につかず(あくせんみにつかず)
ローマ字 Akusen mi ni tsukazu
意味 不当な手段で得た金銭は、つまらないことに使ってしまい残らないものだという教え。
使い方 お金を無駄遣いしないようにするとき
英文訳 Soon gotten soon spent.(早く儲けた金は早く無くなる)
類義語 あぶく銭は身に付かぬ・人垢は身につかぬ
対義語

正直の儲けは身に付く

 

目次

悪銭身につかず

悪銭身につかず

悪戦身につかずの「悪銭」とは、盗みやギャンブルなどの不正な手段で手に入れたお金のことを指します。
お金は一生懸命働いて得るものであるため、公営とされている競馬や宝くじなどの博打でも「悪銭」とされることがあります。

「意味」不正な手段で得たお金はすぐに無くなってしまうものである

やはりお金は欲しいですよね。だからといって、不正を冒してまでお金を手に入れようとしてはいけない。たとえ不正を冒して手に入れたとしても、そのお金はすぐに無くなってしまうという意味です。

「ことわざのイメージ」

ギャンブルなどでお金を得られたとします。しかしギャンブルで得たお金を何に使うでしょう。多分、またギャンブルに使ってしまうのではないでしょうか?

反対に、汗水たらして一生懸命働いて得たお金はどうでしょうか?貯金をするなり大事に使いますよね。

このように不正な手段で得たお金は、お金の重みが違うためすぐに使ってしまい、手元には残らないということですね。

「使い方」お金を無駄遣いしないように説得するとき

[chat face=”naruzou.png” name=”ためになるぞう” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=””]この間、宝くじがあたったそうじゃな。[/chat]

[chat face=”obaasan_face.png” name=”ためになるこ” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]そうなんです!もう嬉しくて、色々なものを買ってしまいました![/chat]

[chat face=”naruzou.png” name=”ためになるぞう” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=””]悪銭身につかずじゃな。宝くじを頼りにしてはいかんぞ。[/chat]

[chat face=”obaasan_face.png” name=”ためになるこ” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]はい。気を付けます。[/chat]

 

この例文のように、宝くじで当たるなどして得たお金は手元に残らないという意味合いで使っています。

これを参考に下にいくつか例文を載せてあります。

「例文」きちんと働くように説得するとき

悪銭身につかずだ。ギャンブルでうまくいったんだから、もう少しギャンブルに使おう。

ギャンブルで得たお金は手元に残らないから、使ってしまおうという意味ではありませんね。

ギャンブルでうまくいった。でも悪銭身につかずだ。今回はたまたまうまくいっただけだし、ギャンブルはやめよう。

不正な手段で手に入れたお金は手元に残らないから、正当な手段でお金は得ましょう。

 

「類義語」悪銭身に付かず・2つ紹介

 

あぶく銭は身に付かぬ(あぶくせんみにつかぬ)

 

「あぶく銭」とは

[jin-iconbox08]

  • 苦労しないで手に入れた金銭
  • 働かないで儲けたお金のこと

[/jin-iconbox08]

「あぶく銭」を漢字で書くと「泡銭」となります。

つまり泡のように消えてなくなってしまうお金のことです。

人垢は身につかぬ(ひとあかはみにつかぬ)

他人から奪い取った物は一時は自分の物になっても長くは身につかないこと

[chat face=”tameninaruzo2.jpg” name=”ためになるZO” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=””]他人の垢で汚れた湯に入っても、その垢は自分にはつかないことから来た言葉です![/chat]

 

「対義語」 正直の儲けは身に付く

「正直の儲けは身に付く」(しょうじきのもうけはみにつく)の意味とは、

一生懸命に働いて得たお金は、無駄遣いすることがないため手元に残るです。

3つの意味があります!

  • まじめに稼いだお金は、粗末にすることがないので、切に使うことから手もとからお金が離れていかないということ。
  • まじめに商売をすれば、失敗や事故などが減り、その失敗などのために、むだなお金を使うこともなく、 儲けがそのまま自分のものになるということ。
  • 正直さから生まれる嘘やごまかしのない商売は、他人から信用され、世間の評判も良くなり、 儲けが増えるということ。

 

「英語」Soon gotten soon spent.(早く儲けた金は早く無くなる)

Soon gotten soon spent.

(ギャンブルなど簡単に稼ぐことができたお金は、すぐに無くなってしまう)

[jin-iconbox02]

  • Soon:すぐに
  • gotten:得た
  •  spent:消耗

[/jin-iconbox02]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「悪銭身につかず」の意味とは、

不正な手段で簡単に得ることが出来たお金は、すぐに無くなってしまう。

お金はやっぱり欲しいし、楽して稼ぎたいですよね。でも楽して稼げていたら、みんな稼いでいます。お金持ちの人は必ず苦労を経験しています。

楽だからといって不正な手段に走らずに、正当な手段でお金は得ましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる