「案ずるより産むが易し」意味や使い方とは?使いやすい例文も解説!

案ずるより
URLをコピーする
URLをコピーしました!

「案ずるより産むが易し」ということわざの意味や使い方について解説していきます。

あれこれと心配しすぎて、なかなか行動にうつせないことありますよね。

そんなあなたに、ピッタリのことわざかもしれません。

読み方 「案ずるより産むが易し」(あんずるよりうむがやすし)
意味 始める前はあれこれ心配をするものだが、実際にやってみると案外たやすくできるものだというたとえ
使い方 物事はやってみると、心配していたほどのことはない
英文訳 An attempt is sometimes easier than expected.(やってみると、思っていたより易しいことがよくある)
類義語 窮すれば通ず

 

目次

「案ずるより産むが易し」

やればできる子

由来 「案ずるより産むが易し」は、昔、経験豊富な女性が「実際に産んでみると、思っているほど大変じゃないよ」と初産の妊婦さんを励ます意味合いで使ったと言われています。何人も子供を産んでいたころの話で、今では少子化や高齢出産などのリスクもあり、とてもたやすい感じはしませんね。

出産に限らず、物事は事前にあれこれ思い悩むよりも、実際はそれほど難しくないということ。
あまり心配ばかりするなという慰めの意味で使われることが多い。
「案ずるより産むが易い」ともいう。
「産む」は「生む」とも書く

「案ずるより産むが易し」は、先のことをあれこれと心配しても意味がないということを言い表した言葉で、「取り越し苦労」は、いらない心配をすることで、どうなるかわからないい先のことをあれこれと考えて無駄な心配をすることの言葉で対義語になります。

「意味」心配しすぎちゃった。なんとかなるもんだ。

「案ずるより産むが易し」は、物事を実際にやってみると、心配するほどのことではなかった、なんとかなるもんだよと、躊躇してる人を一歩踏み出せるようにかける言葉です。

 

「例文」心配性な人に後押しする

就活で面談を受けるのに、あれこれと心配している子供を

「案ずるより産むが易し」というでしょ。

大丈夫だから、思い切って行ってきなさいね。と送り出す。

「使い方」やってみれば、意外とできる

 

[chat face=”naruzou.png” name=”ためになるぞう” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=””]えーっ。ジェットコースターに乗るの?こ、怖い!高所恐怖症なんだ。やだよ。[/chat]

[chat face=”obaasan_face.png” name=”ためになるこ” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]そんなこと言わないで。せっかく、遊園地に来たんだから、乗ろうよぉ。[/chat]

[chat face=”naruzou.png” name=”ためになるぞう” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=””]あー。乗ってみたら意外と楽しかったよ。[/chat]

[chat face=”obaasan_face.png” name=”ためになるこ” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]ほら、「案ずるより産むが易し」っていうでしょ。[/chat]

 

この使い方が覚えやすいのか色々な意見はあると思いますが、日常の場面で、この使い方は覚えやすいと考えられます。

「案ずるより産むが易し」まとめ

「案ずるより産むが易し」

意味は、「案ずるより産むが易し」は、物事を実際にやってみると、心配するほどのことではなかった、なんとかなるもんだ。

使い方は、やってみれば、意外とできる。

このように、躊躇してる人を一歩踏み出せるようにかける言葉です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる