あ行

「朝には富児の門を扣き、暮には肥馬の塵に随う」とは?意味や使い方・例文を解説!

朝には富児の門を扣き、暮には肥馬の塵に随う
あしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには肥馬ひばちちりしたがうってどんな意味?どんな使い方があるの?

今回はこのようなお悩みを分かりやすく解説いたします。

皆さんは「あしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには肥馬ひばちちりしたがうということわざ聞いたこと

がありますか?

簡単に説明すると「自分に利益をもたらす為に,朝にも夕にもお金持ちの人のご機嫌を取っ

ているが、周りから見るとその姿が惨めに見える」ということです。

社会人になると会社などでこのような場面、一度は目にしますね。

しかしこんな難しいことわざどうやって使うの?と困りますよね。

本記事では、あしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには肥馬ひばちちりしたがうう」という言葉の意味や

使い方などを徹底解説していきます。

読み方 あしたにはふじのもんをたたき,ゆうべにはひばちのちりにしたがう
意味 金持ちや身分の高い人に取り入って稼ごうとするが、周りからするとその姿が惨めに見えるという意味。
使い方 仕事では人の繋がりは大切だというけれど,彼のやり方はまるで朝には富児の門を扣き、暮には肥馬の塵に随うというようで賛成できない
英文訳 It is to be going to gain the favor of a rich person and a having high social position.
朝をあした、暮れをゆうべと読むことに注意

 

あしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには肥馬ひばちちりしたがううとは

朝には富児の門を扣き、暮には肥馬の塵に随う
語源・由来

朝には裕福な家にご機嫌を伺いに訪問し、夕暮れには肥えた馬に乗って外出する権力者の後ろを、埃をかぶりながらお供をするということが由来。

「意味」金持ちや身分の高い人に取り入ろうとするがその姿が惨めだということ

金持ちや身分の高い人に土下座している

朝も夕も、金持ちや身分の高い人ご機嫌をうかがい,取り入ろうとするが周りから見ると

その姿が惨めに見えるということを意味します。

  • 富児ふじ 身分が高く裕福な人のこと
  • 肥馬ひばち 肥えた馬
  • ちりしたがう 埃を浴びてお供をするという意

例えば,自分の利益の為だけに常に上司のご機嫌を取り親しくなっておく,というやり方はま

さに「あしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには肥馬ひばちちりしたがうう」ということですね。

仕事では,人との繋がりは大切というけれど,このように利益のためだけに上司のご機嫌を取

というやり方は,周りからもよくは思われませんよね。

「ことわざのイメージ」

身分の高い人に取り入る

ご機嫌を取る

「使い方」自分の利益の為に,上司のご機嫌を取る人がいた時

ためになるぞう
ためになるぞう
昔,会社員時代によく上司のご機嫌取りをする同期がいたんじゃ
ためになるこ
ためになるこ
あらそんな方がいたんですね。
ためになるぞう
ためになるぞう
仕事では人の繋がりは大切だというが,彼のやり方はまるであしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには肥馬ひばちちりしたがうというようで賛成できなかったのう
ためになるこ
ためになるこ
そうですね。それは周りの方もよくは思いませんし、少々惨めなお姿ですね。

この例文のように、「自分の利益の為に,権力のある人たちのご機嫌を取るが周りからはよ

くは思われず、惨めに見える」という意味合いで使っています。

これを参考に例文をご紹介します。

「例文」自分の利益のために,上司のご機嫌を取る人がいた時

職場に早く慣れる為に、上司や先輩、同僚に積極的に話しかけている同僚がいた。まさに、あしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには肥馬ひばちちりしたがう

上司や先輩、同僚に話しかけていることから、やり取りしている対象が身分の高い人だけで

はない為、間違った使い方。

権力がある人とお近づきになりたいとは思っていても,彼のようにあしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには肥馬ひばちちりしたがうことが一番大切という考えにはなれない

権力がある人に近づいて、ご機嫌取りをしているという正しい意味で使われているので良

い。

出典:杜甫・詩「韋左丞丈に贈り奉る」

「英文」It is to be going to gain the favor of a rich person and a having high social position.

単語ごとに解説!

  • 身分の高い high social position
  • 金持ち rich person
  • 利益を得そう it is to be going to gain
  • 支持 the favor of

 

まとめ :あしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには肥馬ひばちちりしたがう

  • 意味  金持ちや身分の高い人ご機嫌をうかがい,取り入ろうとするが周りから見るとその姿が惨めに見えるということを意味します。
  • 使い方 仕事では人の繋がりは大切だというけれど,彼のやり方はまるで朝には富児の門を扣き、暮には肥馬の塵に随うというようで賛成できない。

身分の高い人や裕福な人と親しくなれたら、と思うことがあるかもしれません。

しかし朝も夕も常にそのような人たちについて回るようなあしたには富児ふじもんたたきき、ゆうべには

肥馬ひばちちりしたがうにはならないように気を付けないといけませんね。

朝をあした、暮れをゆうべと読むことに注意
 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です