い行

「一視同仁」の意味とは?類義語・例文・使い方を分かりやすく解説!

一視同仁

人はどうしても、「好き」「嫌い」の感情があって、誰にでも同じように接するなんて難しいですよね。

ただそんな、誰にでも平等に優しくできる人が増えたら、とても平和な世の中になると思います。

一視同仁」は「誰にでもへだてなく、平等に愛すること。」また「出身や身分や敵味方に関わらず、どんな人であっても平等に接すること。」という意味のことわざです。

本記事では「一視同仁」の意味や類義語、使い方などを解説していきます。

ぜひ最後まで読んでいって下さいね。

読み方 一視同仁いっしどうじん
意味 誰にでも分け隔てなく、平等に愛すること。
また、出身や身分や敵味方に関わらず、どんな人であっても平等に接すること。
使い方 誰にでも平等に優しく接することを表すとき
英文訳 Equality without distinction.(分け隔てなく平等である)
類義語 怨親平等おんしんびょうどう博愛主義はくあいしゅぎ公平無私こうへいむし兼愛無私けんあいむし

一視同仁(いっしどうじん)とは

仲間 夕焼け

「意味」 誰にでも分け隔てなく平等に愛すること

一視同仁いっしどうじん」とは、「誰にでも分け隔てなく平等に愛すること」また、「出身や身分や敵味方に関わらず、どんな人であっても平等に接すること」という意味です。

「一視」=同じように見るの意。
「仁」=思いやり、やさしさのこと。

「一視同仁のイメージ」

誰に対しても態度を変えることなく、常に優しさにあふれているイメージでしょうか。そんな人ばかりになれば、世の中から争いがなくなって良いですね。

 

「使い方」誰にでも平等に優しく接することを表すとき

ためになるぞう
ためになるぞう
ばぁさんは、すごいの。
あの生意気な子供にも、いつも優しくて。
ためになるこ
ためになるこ
どの子もみんな可愛いですからね。
ためになるぞう
ためになるぞう
わしはダメじゃ…。
子どもとは言え、あの生意気な物言いに、ついムカッときてしまうんじゃよ。
ためになるこ
ためになるこ
そんな事もありますが、根はとってもいい子なんですよ。
ためになるぞう
ためになるぞう
ばあさんは「一視同仁」で、どんな人にでも変わらず優しいからすごいんじゃ。
わしも見習わなくてはならんのぉ。
ためになるこ
ためになるこ
そんなことないですよ。
誰でも良いところはあるし、そういうところを見るようにしているだけですよ。

この例文のように、誰にでも分け隔てなく平等に接するという意味合いで使います。

これを参考に下にいくつか例文を載せてあります。

 

「一視同仁」例文3つ紹介

1. あの先生は贔屓ひいきしないで「一視同仁」で生徒に接するからいいよね。

 

学校の先生は、どの子にも平等に接するべきですよね。

 

2. みんなが「一視同仁」で人に接するようになれば、争いがなくなるのに。

 

みんながお互いに優しくなれれば、きっと平和になりますね。

 

3. 母はいつも「一視同仁」で誰からもしたわれている。

 

誰にでも分け隔てなく優しくできる人は、周りからも愛されますよね。

 

「一視同仁」の類義語4つ紹介

仲間

怨親平等おんしんびょうどう

にくい敵であるからといって憎むべきではないし、また親しいものであるからといって特に執着すべきではなく、平等にいつくしみ憐れむべきこと。

(例文)彼女はいつも「怨親平等」で誰にでも優しい。

博愛主義はくあいしゅぎ

人種・国家・階級などの違いを超えて、ひろく等しく人類は愛し合うべきであるとする主義。

(例文)彼は「博愛主義」でどんな人ともすぐに仲良くなるんだよ。

公平こうへい無私むし

公平で自分の個人的な感情や利益をからませないこと。また、その様子。

(例文)私の上司は「公平無私」で公平に評価してくれるから信用できる。

兼愛けんあい無私むし

自他の区別なく、広く人を愛して区別がないこと。

(例文)叔母は誰にでも思いやりがあって「兼愛無私」な人だ。

 

「一視同仁」の対義語を紹介

依怙贔屓えこひいき

他よりも特に、その者に目をかけること。公平でないこと。

(例文)コーチはお気に入りの人ばかり「依怙贔屓」するから、みんな納得がいかない。

 

「英文」「一視同仁」の英文2つ紹介

Equality without distinction.

分け隔てなく平等である。

ためになるこ
ためになるこ
意識せずにそうできるのは素晴らしいことですね

He always loves everyone with imaprtiality.

彼はいつも一視同仁を心がけている。

ためになるこ
ためになるこ
自分自身で心がけることも大切ですね

まとめ

一視同仁」ということわざについて解説してきましたが、いかがでしたか?

意味は「誰にでも分け隔てなく、平等に愛すること。」また「出身や身分や敵味方に関わらず、どんな人であっても平等に接すること。」です。

使い方は「誰にでも平等に接することを表すとき」に使います。

「仁」を「人」と間違えないようにしましょう。

日々、生活する中で人に対して大らかな心でいることは、なかなか難しいこともあります。

どうしても相性が合わない人もいますが、それでも誰に対しても平等に接することを心がけて、平和な世の中を目指したいですね。

この記事の監修者
sachiko
現在WEBライターとして活動しています。 中学生にも分かりやすい文章をかくことを心掛けています。
 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です