換骨奪胎(かんこつだったい)の意味とは?使い方や例文を徹底解説!

換骨奪胎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

換骨奪胎かんこつだったい」という言葉をご存じですか?言葉自体初めて聞く、という方や、言葉は聞いたことがあるけど意味まではわからない、という人が多いと思います。

本記事では、換骨奪胎かんこつだったい」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。

 

読み方 換骨奪胎(かんこつだったい)
意味 他から影響を受けた作品
使い方 絵画や音楽、芸術的な作品の説明など
類義語 温故知新(おんこちしん)

点鉄成金(てんてつせいきん)

対義語 正真正銘(しょうしんしょうめい)
英文 adaptation.(適応、適合)

modification(部分的修正・改造)

recasting(単語や句を換えること)

 

目次

換骨奪胎とは

換骨奪胎とは

換骨奪胎は、「中国三大宗教」の一つ、道教が由来です。道教は、「無為自然」という、作為がなくあるがままに任せることをの概念を核としている宗教です。

換骨」も「奪胎も仙人になるための肉体改造法を指す言葉になっています。「換骨」は仙人の術を用いて人間としての骨から、仙人の骨へと換える事を指しています。また「奪胎」は文字通り胎を奪うという意味のほかに、内臓を変えるという意味合いにもなっています。

道教において、いろいろな秘術を使い、不老不死の人間であり、理想の修行者を「仙人」とし、骨と内臓を変えることで、「別の人間に換わる=仙人になる方法」が「換骨奪胎」の元々の言葉の意味になっています。

「意味」他から影響を受けた作品

換骨奪胎 意味

「換骨奪胎」は、小説や漫画など創作物や芸術作品などに用いられる言葉です。

ほかの作品から影響を受けて出来上がった作品や、ほかの作品の発想や表現を取り入れることを表すことわざです。

オマージュやインスパイアに近い意味合い

「換骨奪胎」に似た意味合いを持つ、「オマージュ」や「インスパイア」という言葉があります。

オマージュは、フランス語で「敬意」や「賞賛」という意味であり、「尊敬する人の影響を受けて、近い作品を作る」という意味です。

インスパイアは「閃き」を意味する「インスピレーション」の動詞形で「尊敬する作品と同じテーマで作品を作る」という意味になります。

どちらも、ただ影響を受けただけではなく「尊敬」や「賞賛」、「作品への敬意」がありますね。

「使い方」漫画や小説を説明するとき

換骨奪胎 使い方

ためになるぞう
この漫画面白いから読んでみてよ!
ためになるこ
どんな内容なの??
ためになるぞう
童謡桃太郎を題材にしたバトル漫画だよ!
ためになるこ
本当に面白い!桃太郎を上手に換骨奪胎しているね!これはハマりそう!!

 

この例文のように、漫画や小説などの創作物を説明するときなどに用いられる言葉です。

これを参考に下にいくつか例文を載せてあります。

「例文」誤用に注意

換骨奪胎 例文

「あの作品は、ほかの作品を換骨奪胎したただのパクリだ。」

このように「パクリ」や「模擬」のような使い方は誤用になります。

本来の意味はあくまでも、「作品への敬意が現れている」という意味合いでの使用が正しい使い方なので、

「古典を換骨奪胎して作られたあの作品は名作だ。」

このような言い回しが正しい使い方になっています。

「類義語」換骨奪胎2つ

換骨奪胎 類義語

温故知新(おんこちしん)

昔のことを求めて、新しい知識や見解を導くこと。

例文:「温故知新という通り、先人の言葉には新しい発見がたくさんある。」

点鉄成金(てんてつせいきん)

仙人が鉄を触っただけで金にかえる事。

つまらない詩に手を加えて立派なものに仕上げる事。

例文:「先生が私の作品に手を加えて素晴らしいものにしてくれた。まさに点鉄成金だ。」

「対義語」換骨奪胎

正真正銘

まったく嘘偽りのないこと。本物であること。

「こちらは正真正銘〇〇先生の直筆サインです。」

「英単語」換骨奪還3つ

換骨奪胎 英語

adaptation.

適応、適合という意味。

modification.

部分的修正・改造という意味。

recasting.

単語や句を換えること。

まとめ

換骨奪胎 まとめ

いかがだったでしょうか?

このように漫画や小説、アニメなどの創作作品へ使用される言葉になっています。

・ほかの作品から影響を受けた作品。

オマージュや、インスパイアと似た意味。

・「パクリ」や「模擬」と言った意味での使い方は誤用

創作活動を行っていると、行き詰って手が止まってしまうことがありますよね。

そういった場合は、換骨奪胎をイメージしてほかの作品をみて勉強するのも手かもしれませんね。

この記事を参考にして、正しい使い方をできるように心がけましょう!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる