か行

苛政は虎よりも猛し(かせいはとらよりもたけし)とは?意味や使い方・例文を詳しく解説!

皆さんは苛政かせいとらよりもたけし」という言葉を知っていますか?

この言葉は、故事から生まれた言葉であり
意味としては、悪い政治が与える害は虎が招く害よりもひどいという意味であり
悪政を戒める言葉となっています。

現在政治問題は様々な場所で起きています。
幸運にも日本では政治問題はたびたびニュースでは取り上げられていますが
そこまで私たちの生活に影響を与えることは少ないのではないでしょうか。

しかし、世界では政治問題が大きな問題となっており民族間での争いや
隣国との問題など様々な問題に発展しています。

そして、その結果間違った政治は国民にとても大きな影響をあたえてしまいます。

そのよう時に使う言葉が苛政かせいとらよりもたけなのです。

本記事では、苛政かせいとらよりもたけし」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。読み終える頃には、マスターになっているでしょう!

 

読み方 苛政は虎よりも猛し(かせいはとらよりもたけし)
意味 悪政が人民に与える害は、虎の害よりもはなはだしい。
使い方 この人の政治はまさに苛政は虎よりも猛しだ
類義語 民の口を防ぐは水を防ぐよりも甚だし
英文訳 Frustration is more fierce than a tiger

 

「苛政は虎よりも猛し」とは

苛政は虎よりも猛しそれでは「苛政は虎よりも猛し」はどういう由来があるのか見ていきましょう。

「由来」は孔子の名言から

「苛政は虎よりも猛し」の由来は、論語で知られている孔子の名言から生まれた言葉です。

この言葉は「礼記―だんぐう・下」に出てきている言葉であり
父と子、孫の三代にわたって虎に殺されたという悲劇の女性がなぜこの場所を引っ越さないのかという孔子の問いに対して、ここの政治は悪くないからという内容から、悪政は虎に襲われるよりもさらにひどい害を人々に与えるものなのだ、と講師が弟子たちに話したことから「苛政は虎よりも猛し」という言葉が使われだしました。

「意味」悪政が人民に与える害は、虎の害よりも甚だしい

苛政は虎よりも猛し 意味政治は国民を統制するためにとても大事なものです。
しかし、それが悪い方向に行ってしまうと虎に襲われる(日常では考えられない恐怖)よりも恐ろしいことになってしまうという意味になります。

近々日本でも、首相の交代が行われる予定となってますが
苛政は虎よりも猛し」となっては欲しくないものです。

「ことわざのイメージ」

「めちゃくちゃな政治が行われている」
「酷い目に遭わされる」

「使い方」好ましくない人物が上司になったとき

ためになるぞう
ためになるぞう
今度の人事で〇〇さんが部長に昇格したらしいんじゃ
ためになるこ
ためになるこ
あら…あの人ってあまりいい噂は聞かない人よね。自分勝手にふるまわなければいいのだけれど…
ためになるぞう
ためになるぞう
本当にのう…あの人が部長になって苛政は虎よりも猛し」とならなければよいが…
ためになるこ
ためになるこ
本当ですねぇ…

 

この例文では、人の上に立つ場合の心得としての意味合いで使っています。

これを参考に下にいくつか例文を載せてあります。

「例文」好ましくない人物が上司になったとき

あの方に政治を任せれば、まさに「苛政は虎よりも猛し」

意味を知らないと、信頼のおける人であるように見えてしまいますが
あまり良い言葉ではないため使い方は誤っています。

あの方に政治を任せてしまうと、まさに「苛政は虎よりも猛し」

このように相手に対して恐れている、批判しているような使い方が正しいと言えます。

「類義語」民の口を防ぐは水を防ぐよりも甚だし

民の口を防ぐは水を防ぐより甚だし苛政は虎よりも猛し」の類義語として「民の口を防ぐは水を防ぐよりも甚だし」があります。

人民の口をふさいで言論の自由を奪うのは、川の水をせき止めることよりも危険だという意味で、人間の不満が爆発するのは川が決壊することよりも悪い結果となることから似たような意味となるのではないでしょうか。

「対義語」源清ければ流れ清し

源清ければ流れ清し苛政は虎よりも猛し」の対義語として「源清ければ流れ清し」があります。

上に立つ者が正しければ人民も正しいというたとえであり、まさに良い政治を行えばよい結果となって返ってくるという意味となっています。

「英文」Frustration is more fierce than a tiger

苛政は虎よりも猛し」は英語に翻訳すると
Frustration is more fierce than a tiger」となります。

Frustration:不満、頓挫、失敗
fierce:激しい

といった言葉から、間違ったことは虎よりも激しいといったような意味になります。

まとめ

こちらを見る虎苛政は虎よりも猛し」はどちらかと言えばあまり使いたくない言葉ではあります。

もちろん悪政を行う政治家はダメだと思います。
しかし、民主主義においてはそれを選択する国民にも責任が降りかかってくるのではないでしょうか。

是非政治に興味を持ってもらって
苛政は虎よりも猛し」とならない世の中になってもらいたいものです。

苛政は虎よりも猛し」とは

・悪政は何よりもの恐怖ということ

・上に立つものとしての戒めとして心にとどめておきたい言葉

 

 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です