け行

「鶏口となるも牛後となるなかれ(けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ)」の意味とは?わかりやすい使い方と例文を解説!

鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれ」ということわざを知っていますか?
大きな集団でもれてしまうより、小さな集団の長になる方が良い、という意味です。
鶏口牛後けいこうぎゅうご」という四字熟語よじじゅくごとしても使われている言葉なのです。

鶏口けいこう」は「鶏頭けいとう」じゃダメなの?「牛後ぎゅうご」は「牛尾ぎゅうび」でもいいのかしら?
などと疑問もでてきますよね。

本記事では、鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれ」という言葉の意味や類義語、使い方などわかりやすく解説していきます。
疑問をスッキリさせて、また一つ知識美人を目指しましょう!

読み方 鶏口となるも牛後となるなかれ(けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ)
意味 大きな集団の中で末端にいるよりも、小さな集団で長になる方がよい
使い方 小さな集団のトップを目指すとき
英文訳 ・Better be the head of a dog than the tail of a lion.(ライオンの尻尾になるより、犬の頭になるほうがよい)

・Better be first in a village than second at Rome.(ローマの2位より村の1位になるほうがよい)

類義語 芋頭いもがしらでもかしらかしら/鯛の尾よりいわしの頭
対義語 寄らば大樹たいじゅの陰

 

鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれとは

鶏

「由来」『史記』蘇秦そしん列伝

中国戦国時代、大国のしんが他国を圧倒しつつありました。そんな時、かんちょうえんさいの王に対して、「しんに従うのではなくそれぞれの国が独立して力を合わせ、しんに対抗していくべきだ」と、蘇秦そしんが言った言葉が由来となっています。

蘇秦そしん⇒戦国時代に活躍した学者

「寧為鶏口、無為牛後」
むし鶏口けいこうるも、牛後ぎゅうごることかれ)
出典『史記』蘇秦列伝

「意味」大きな集団の中で末端にいるよりも、小さな集団で長になる方がよい

鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれ」の意味は、大きな集団の中で末端にいるよりも、小さな集団で長になる方がよい、ということです。

わかるちゃん
わかるちゃん
鶏口けいこう」とは、鶏のくちばしのことで、小さな集団のリーダーという意味を持つのよ
できる君
できる君
牛後ぎゅうご」とは、牛のお尻のことで、大きな集団の末端で使われる人、というたとえなんだ
このことわざは「鶏頭けいとうとなるも牛尾ぎゅうびとなるなかれ」と、間違えてしまう人がいます。
鶏口けいこう」は鶏のくちばしのことで、「鶏頭けいとう」は頭になります。頭よりくちばしの方が先端にありますよね。なので「鶏口けいこう」は、先に立って皆を引っ張っていくリーダー、という意味なのです。
牛後ぎゅうご」は牛の尻のことで、大きな集団の後ろにつく、という意味では「牛尾ぎゅうび」でも良いように感じますよね。
でも、尻には自由がないのです…集団に従うしかありません
それに比べて尾はある程度の自由があるので、大きな集団の末端ではありますが、自由気ままについていく、といった意味合いになってしまいます。ちょっと違った意味になってしまいますね。

「使い方」小さな集団のトップを目指すとき

ためになるぞう
ためになるぞう
お隣のお孫さんは、無事高校に合格したらしいよ
ためになるこ
ためになるこ
それは良かったですね
ためになるぞう
ためになるぞう
最初の志望校が合格ラインギリギリだったらしくて、一つランクを下げて受験したみたいじゃ
ためになるこ
ためになるこ
鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれといいますし、合格した高校で上位を目指すのがいいですね

 

「例文」小さな組織でも頑張るとき

組織

鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれというだろ。だから僕は、小さな会社じゃなくて大会社の社長を目指すよ!

ものしり男先生
ものしり男先生
鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれ」は、小さな集団のリーダーという意味だから、この使い方は間違いだね

鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれという言葉をモットーに、まだ若輩者じゃくはいものだけど起業することにしたよ。

・受験校を迷っていたけど、鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれというし、ランクを一つ下げて頑張ることにした。

ものしり子先生
ものしり子先生
集団は小さくても、リーダーになるという事は凄い事よね

「類義語」鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれ2つ紹介

芋頭いもがしらでもかしらかしら

芋頭
どんな小さな集団でも、長というのはそれなりの価値があるもの、というのが「芋頭いもがしらでもかしらかしら」の意味です。
芋頭いもがしら里芋さといも球茎きゅうけい・親芋
球茎きゅうけい地下茎ちかけいの一種で、デンプンなどの養分をたくわえて球状に肥大したもの

例文:うちは人数が少なくて小さいチームだけど、芋頭いもがしらでもかしらかしらだな。今度代表者会議で意見を言うことになったよ。
ためになるZO
ためになるZO
小さな集団でもリーダーは責任ある立場なんだな

たいの尾よりいわしの頭

鰯
大きな集団の後ろにいるよりも、小さな集団でも先頭で活躍したほうがよい、というのが「たいの尾よりいわしの頭」の意味です。
たいという高級な魚を大きな組織やレベルの高い集団に、いわしという比較的安価な魚を小さい組織やあまりレベルの高くない集団にたとえているのですね。

例文:大きな企業に就職したけど、なかなか力を発揮できない。たいの尾よりいわしの頭というし、小さな企業に転職することも考えてみようと思う。
ためになるこ
ためになるこ
昔に比べると、今はいわしも高くなったのよね…

「対義語」寄らば大樹たいじゅかげ

大樹
寄らば大樹たいじゅかげとは、頼りにするなら、力がある者の方が安心できる、という意味です。
小さい木よりも大きな木のほうが、安心して雨風や日差しを防ぐことができる、ということから生まれた言葉です。

例文:私が実績を上げる事が出来たのは、「寄らば大樹たいじゅかげ」を選択してきたからだろう。
くわしいぞう
くわしいぞう
大きな組織の中にいると、弱く小さなものでも安泰ってことじゃな

 

「英文」2つ紹介

犬
・Better be the head of a dog than the tail of a lion.(ライオンの尻尾になるより、犬の頭になるほうがよい)

・Better be first in a village than second at Rome.(ローマの2位より村の1位になるほうがよい)

えいごちゃん
えいごちゃん
どちらも、大きな集団の後ろより小さい集団のトップになった方が良い、といっているのね

まとめ

進路

いかがでしたでしょうか?

鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれの意味は、大きな集団の中で末端にいるよりも、小さな集団で長になる方がよい、ということです。

受験や就職など進路を決める時、どのランクを選ぶか迷いますよね。
ランクが上の学校に入り追いつくように頑張るか、ランクを下げてトップクラスを目指してその先の進路で優位にたつか。
でも、どちらにしろ頑張っていくことに変わりはありません
鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれとはいいますが、自分の選んだ進路に自信をもって、日々突き進んでいきましょう!

この記事の監修者
etsu
趣味は、旅行・バドミントン・ピアノ・ライティング… とても気が多いアラフィフ主婦です(笑) 憧れのストレスフリーの生活を目指して、日々頑張って⁈います!
 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です