き行

帰心矢の如し(きしんやのごとし)とは?意味や使い方を徹底解説!

帰心矢の如し」ということわざを知っていますか?

「帰」や「心」という字があるので、なんとなく、帰りたいのかな?という感じに思えますね。

その通りです。では、「帰心矢の如し」の意味や使い方について詳しく解説していきます!

 

読み方 帰心矢の如し(きしんやのごとし)
意味 故郷や、自分の家に帰りたいと思う気持ちがとても強いという意味
使い方 住み慣れた町から離れて暮らしているが、故郷に帰りたいと思うとき
英文訳 I strongly want to go back to my hometown
類義語 籠鳥の雲を恋う(ろうちょうのくもをこう)

 

「帰心矢の如し」とは

帰心矢の如し意味

「矢の如し」と書かれているように、勢いよく飛ぶ矢のように今すぐにでも早く帰りたいと思うことです。

「意味」故郷や自宅に早く帰りたいと強く思う気持ち

帰心矢の如し故郷

帰心矢の如し」とは、故郷や実家に早く帰りたいと思う気持ちが非常に強いことという意味です。

「ことわざのイメージ」

故郷から離れて暮らすも、嫌なことが続いたり、気分が落ち込んでいているとき、今すぐにでも故郷に帰りたいと強く思うときに使われます。

矢の如く」のように、勢いよく飛ぶ矢のように早く帰りたいという気持ちを表しています。

「使い方」今すぐにでも故郷に帰りたくなるとき

ためになるぞう
ためになるぞう
昨日息子から電話があって、毎日仕事が大変で、気持ちが辛いと言っていたよ。
ためになるこ
ためになるこ
それは大変。気分が落ち込んでいるのね。
ためになるぞう
ためになるぞう
早く家に帰って来たいと言っていたよ。
ためになるこ
ためになるこ
息子は帰心矢の如しの思いをしているのね。

この例文のように、実家に早く帰りたいという意味合いで使っています。

これを参考に下にいくつか例文を載せてあります。

「例文」急いで家に帰りたいとき

帰心矢の如し例文1

①彼女は学校で帰りの会が終わると、一目散に学校を飛び出して行った。帰心矢の如しの気持ちですね。

 

②いつも私を応援してくれた家族のことを思い出すと、帰心矢の如しのように、実家に帰りたくなる。

「類義語」帰心矢の如し

帰心矢の如し類義語

籠鳥の雲を恋う(ろうちょうのくもをこう)

かごの中にいる鳥が、外の雲を恋しく思うように拘束された者が自由をうらやむことのたとえ。

「英文」帰心矢の如し

I strongly want to go back to my hometown

(故郷に帰りたいと強く思う)

「まとめ」帰心矢の如し

いかがでしたか?みなさんも、長く住み慣れた故郷を懐かしく思ったことがあったのではないでしょうか。これで、「帰心矢の如し」ということわざを1つ覚えることができましたね。

帰心矢の如し」おさらい

意味:故郷や、自分の家に帰りたいと思う気持ちがとても強いという意味

使い方:住み慣れた町から離れて暮らしているが、故郷に帰りたいと思うとき

 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です