な行

泣く子は育つ(なくこはそだつ)の意味とは?使い方や例文を徹底解説!

赤ちゃん

あなたは泣く子は育つ(なくこはそだつ)ということわざを知っていますか?

有名なことわざですので聞いたことのある人も多いと思います。

意味は「赤ちゃんが声を張り上げて泣くことは元気がある証拠で、健やかに育つ」ということです。

本記事では、「泣く子は育つ(なくこはそだつ)」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。

 

読み方 泣く子は育つ(なくこはそだつ)
意味 赤ちゃんが声を張り上げて泣くことは元気がある証拠で、健やかに育つ
使い方 よく泣く赤ちゃんは健やかに育つことを表すとき
英文訳 The child who cries grows up in good health.

(泣く子は元気に育つ)

類義語 寝る子は育つ・泣く子は利口

 

泣く子は育つとは

子どもたちの眼, 目, 青い目, 感情, 表現, 小さな子供, 悲しみ, 泣く

赤ん坊が生まれて一番最初に覚える表現の方法は泣くことです。泣いて意思を伝える赤ん坊をみて、両親が「お腹が空いたのね」などと声をかける姿を目にします。

赤ん坊にとっては泣くことは運動ですので、泣くとお腹が空きます。そして、お腹いっぱいごはんを食べると眠たくなり、泣いた疲れもありよく眠ることができます。

その結果、健やかに育つということになります。

「意味」赤ちゃんが声を張り上げて泣くことは元気がある証拠で、健やかに育つ

泣く子は育つ(なくこはそだつ)の意味は「赤ちゃんが声を張り上げて泣くことは元気がある証拠で、健やかに育つ」という意味です。

「ことわざのイメージ」

よく泣くとお腹が空いてよく食べて寝て健やかに育つというイメージです。

「使い方」よく泣く赤ちゃんは健やかに育つことを表すとき

ためになるぞう
ためになるぞう
あなたは小さいころよく泣いていたのよ
ためになるこ
ためになるこ
これだけ元気に育って、泣く子は育つとはまさにこのことね

「例文」悪い例・良い例

あの人は涙もろくよく泣くので背が大きい。泣く子は育つとはこのことだ。

涙もろくて感動して泣くのはすこし意味が違います。

両親に対してお腹が空いた、眠たいなどしゃべることのできない赤ちゃんが要求するときに使うのが正しいです。

赤ちゃんがよく泣いて心配だったが、医者に「泣く子は育つというから心配しなくていいよ」といわれて安心した。

 

「類義語」泣く子は育つ・2つ紹介

寝る子は育つ

よく眠るのは健康の証拠で、丈夫に育つということ

泣く子は利口

泣いて訴えることで、親に解決を求めていることにより、賢く元気に育つということ

「英文」The child who cries grows up in good health.

The child who cries grows up in good health.

泣く子は元気に育つ

まとめ

ここまで泣く子は育つ(なくこはそだつ)の使い方や意味について述べてきました。

赤ちゃんが泣くばかりして困っている両親に伝えてあげると安心してもらえるかもしれませんね。

意味:赤ちゃんが声を張り上げて泣くことは元気がある証拠で、健やかに育つ

使うときのポイント:まだ喋ることのできない赤ちゃんに対して使います。

 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。