猫の首に鈴をつけるとは?意味・類義語・例文を解説

猫の首に鈴をつけるとは?アイキャッチ画像
URLをコピーする
URLをコピーしました!

「猫の首に鈴をつける」と聞くと、かわいい猫ちゃんを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

最近はYou tubeや、TikTokなどで動画がたくさんアップロードされていますし、テレビでも動物の可愛い映像が紹介されると高視聴率をマークしています。

そのような意味でも猫は、現代における「癒しの存在」として大いに活躍しています。

では実際のことわざが持つ意味は、本当に可愛いのでしょうか?

本記事では、「猫の首に鈴をつける」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。

読み方 猫の首に鈴をつける(ねこのくびにすずをつける)
ローマ字 Neko no kubini suzu wo tuskeru
意味  計画は立てても、それを実行する者はいない
使い方  実際に行動するのは難しいと感じたとき
英文訳 Who is to bell the cat? (bell the cat)
類義語  言うは易く行うは難し/ 机上の空論
目次

猫の首に鈴をつけるとは

猫の首に鈴をつける 意味・由来

 

「意味」 計画は立てても、それを実行する者はいない

猫が首に鈴をつけている姿はかわいいですね。ですが、ことわざの意味となると全く異なるようです。

まず、連想されるイメージをあげてみました。

「ことわざのイメージ」

・猫の首輪
・鈴の音
・猫とネズミの関係
・弱肉強食

意味を知らずにイメージだけで考えると上記のようになります。
しかし本当の意味は“計画を立てても、それを実行する者はいない”となります。

つまり、”かわいいことわざではない”と言うことになります。

どうしてイメージと意味がこんなにも違うのかにゃ?

その答えは、ことわざの由来にあるようです。古代ギリシャのイソップ物語の『ネズミの会議』を簡単にまとめた物語を紹介します。

これを読んで、由来をしっかり抑えておきましょう。

 -由  来-
≪ネズミの会議≫
猫を恐れるネズミたちが、深夜に集まり話し合いをしています。
テーマは『どうすれば猫に襲われずに、快適な暮らしができるか?』です。
ある一匹の若いネズミが妙案があると意気揚々と発言しました。それは、猫が寝ている間に首に鈴を付けることでした。『猫が歩くたびに♪チリン、♪チリンと鈴の音が鳴るので、聞こえてきたらサッと物陰に隠れてしまえば、ずっと猫に見つからず安全だ』と言うと、他のネズミたちは大喜びし拍手をしました。
しかし、みんなの話を黙って聞いていた、長老のネズミがポツリと言います。
『確かに妙案だ。では、いったい誰が猫の首に鈴をつけるのかね?』
すると、さっきまで手を叩いて喜んでいたネズミたちは、急に黙り込んでしまいました。
猫の首に鈴をつける勇者はいなかったのです。
“計画を立てても危険を犯してまで、実行する者は誰もいない”と言う意味を表現した寓話でした。

 

猫の首に鈴をつける 由来

「使い方」実際に行動するのは難しいと感じたとき

ここまでで、意味や由来は分かりましたね。では、使い方はどうでしょう?
ここで当サイトのレギュラーであるなるぞうさんと、なるこさんに正しい使い方を教わりましょう。

ためになるこ
あら、目安箱なんて作ったの?
ためになるぞう
みんなで話し合って、横柄な自治会長を辞任に追いやろうと決めたんじゃ。
ためになるこ
随分たくさん入っているわね。
ためになるぞう
当然さ、みんなも頭にきとるんじゃ!もうすぐ自治会長の泣き顔が見られるわい。
ためになるこ
ところで、その目安箱を誰が自治会長に見せるの?
ためになるぞう
ああ…実は、まだ決まっとらん。みんな忙しいと言って、帰ってしまったんじゃ…。
ためになるこ
要するに誰も、猫の首に鈴をつける役はやりたくないってことね。これじゃあ目安箱の意味はないわね。

「例文」悪い例・良い例 2例紹介

間違えやすいので例文を2例紹介します。まずは悪い例を見てみましょう。

A:猫の首に鈴をつけたよ。
B:鈴の音を聞けば隠れられるから、もう安心だな猫の首に鈴をつける 悪い例

口先だけで実際に行動できないさまを表現していないのでNGです。

 

次に、良い例を見てみましょう。

A:我が社の残業時間って、めちゃくちゃ多いよな。何とかならないものかなぁ。
B:誰かが過労で倒れて入院すればいいのさ。
A:そうか!そうなれば、さすがに上層部も考えてくれるだろう。
C:そりゃいいや!…で、誰が入院するんだ?
A:お、俺は…子供が生まれたばかりだから無理だ…。
B:俺は昇進が内定してるから今、目立ったことはしたくないんだよな。
C:結局…猫の首に鈴をつける奴は、誰一人いないってことか。猫の首に鈴をつける 良い例

話し合いはするが実行することの難しさが、分かりやすく表現されています。
この例文を読んで、思い当たる人はいますか?

 

「類義語」2例紹介

似ている表現があるので2例紹介します。一緒に覚えておきましょう。

① 言うは易く行うは難し

・読み方:いうはやすくおこなうはかたし
・意 味:言うだけならたやすいが、行動するのは難しいこと
・由 来:『塩鉄論えんてつろん/利義りぎ』”これを言うは易くして、之を行うは難ければなり“より

塩鉄論えんてつろん』とは?

中国はの時代。塩・鉄・酒の専売制をめぐって討論された記録が残されている。のちに演劇の脚本風に編集された文学作品である。当時の政治や、経済・文化・学問を知ることができる貴重な文献である。

すごく古い時代に生まれたんだにゃん。

 

② 机上の空論

・読み方:きじょうのくうろん
・意 味:空想は現実とかけ離れていて、まったく役に立たないこと
・由 来:机上とは机に向かうこと。この場合、話し合いを意味する。議論する者に向かい、それを無意味な理論や計画だと、皮肉を利かせて言ったことから。

 

机上の空論」類義語に「絵に描いた餅」がある。
意味は、いくら上手に描いても食えない。若干意味は異なるが「役に立たない」と言う点で共通していると言える。

 

「英文」Who is to bell the cat?

ここで紹介する英文は直訳になります。

猫の首に鈴をつける 英文

≪単語の意味≫
・Who=誰、誰が
・bell=鈴 (この場合、猫の首輪についてる鈴にあたる)
・cat=猫

「Who」から始まり、最後は「?」マークで終わっているので「誰が猫に鈴をつけるのか?」となります。

イソップ物語の「ネズミの会議」は、各言語で訳されるほど有名です。欧米諸国ではは“bell the cat”と、略した表現も、広く知られているようです。

 イソップ物語は紀元前からあっただなんてびっくりだにゃん! 

 

まとめ

猫の首に鈴をつける まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
「猫の首に鈴をつける」の意味は理解できましたか?最後にもういちど、おさらいしましょう。

いつもおびえているネズミが会議で意見を出すが、猫に鈴のついた首輪をつける者は一人もいなかったと言う『イソップ物語』から生まれたことわざ。
▶行動することの難しさをあらわしています。
イソップ物語の「ネズミの会議」が分かりやすく動画で紹介されていますよ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる