お行

お茶を濁す(おちゃをにごす)とは?意味、類義語、使い方などを解説

抹茶

今回は抹茶に関することわざです。よく使われるので目を通してください。

 

本記事では、「お茶を濁す」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。読み終える頃には、マスターになっているでしょう!

 

読み方 お茶を濁す(おちゃをにごす)
意味 取りつくろってその場をのがれる
使い方 不利をごまかしているときに
英文訳 make tea muddy(その時は追及されたのでお茶を濁してその場を離れた)
類義語 言葉をにご
対義語 きちんと対応する

 

お茶をにごすとは

茶室

 

 

むかし抹茶の立て方をよく知らない人が、お茶をにごしてそれらしくみせて取りつくろったことから

「意味」何とか取りつくろってその場のがれをする

 

「ことわざのイメージ」

その場を逃れるため、あることないこと手を尽くすこと。とてもいろいろな手段を対象にして言う。

 

 

「使い方」行動が信用に足りないとき

 

ためになるぞう
ためになるぞう
昨日書いた書類は速達で出したんだよね?
ためになるこ
ためになるこ
ええ、そうですよ
ためになるぞう
ためになるぞう
お茶を濁してないかい
ためになるこ
ためになるこ
すみません

 

この例文のように、あやしいという意味合いで使っています。

他にも参考に下にいくつか例文を載せてあります。

「例文」取りつくろい方

たくさんの取り繕い方があります。

まれにアガサ・クリスチィのような、一作ごとに新手を用い、多作しながら変化をつづける天才的な作家もありうるけれども、一般の作家は、こうは行かない。職業化して多作を強いられると、勢い推理小説以外の怪奇小説とか、スリル小説、ユーモア探偵というようなもので、お茶を濁すということになる。

(坂口安吾『探偵小説とは』)

裸男の如き馬鹿者の頭より、これに對すべき妙歌の、湧き出づべき筈は無けれど、『出來ません』と跳ね付くるは、餘りに無愛想也。『いづれ、ゆつくり考へて見申さむ』と、お茶を濁す。

(大町桂月『夜の高尾山』)

しかし、これはおかしい程売れず、結果、学校、官庁、団体への大量寄贈でお茶を濁すなど、うわべは体裁よかったが、思えば、醜態だったね。

(織田作之助『勧善懲悪』)

「類義語」お茶をにごす2つ紹介

おもちゃの目

 

言葉を濁す

はっきりとした受け答えをしない。

けむに巻く

相手が追及しないようにする

 

「対義語」お茶をにご

茶菓子

 

きちんと対応する

「英文」make tea muddy

出口

 

That time I pursued, I dodged the subject and reave there.(その時は追及されたのでお茶を濁してその場を離れた)

まとめ

お茶を濁していなくても間違っているときは多々あります。お茶を濁すようなことはできるだけ避けましょう。

 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です