お行

「親馬鹿子馬鹿」の意味とは?使い方や例文を分かりやすく解説!

皆さんは、親馬鹿子馬鹿」ということわざを聞いたことは、ありますか?

おそらく、聞いたことはあまりないですよね?
でも、「親馬鹿」というのは聞いたことがあると思います。

ですから、今回は!

親馬鹿子馬鹿」という言葉の意味や使い方などを分かりやすく解説していきます。

読み方 親馬鹿子馬鹿(おやばかこばか)
意味 親は自分の子を溺愛するあまり、子の愚かさに気づかず、子は親の愛情に甘えて愚かなことをするということ。
使い方 子供が失礼な事をしたのに、親は注意せず、放置しているとき。
類義語 親馬鹿子機嫌/親守り子機嫌
英文訳 Doting parent foal deer

 

「親馬鹿子馬鹿」とは

親馬鹿子馬鹿とは

「意味」 親は子を溺愛し、子も溺愛することで、子が悪行を働くこと

親は自分の子を溺愛するあまり、子の愚かさに気づかず、子は親の愛情に甘えて愚かなことをすること「親馬鹿子馬鹿」の意味です。

 

「ことわざのイメージ」

・「馬鹿」

・「仲良し」

・「平和」

馬鹿という言葉があるので、マイナスなイメージもありますが

親も子も、互いに溺愛しているということは、

仲がいいということにもなりますよね。

プラスのイメージも湧きます!

 

「使い方」子供が失礼な事をしたのに、親は注意せず、放置しているとき

ためになるこ
ためになるこ
聞いてください、おじさん。隣のお子さん、他の子を怪我させてしまったそうなんです。
ためになるぞう
ためになるぞう
それはいかんのう。ちゃんと、謝ったのか?
ためになるこ
ためになるこ
それが… お子さんは泣きながら、お母さんを頼って、お母さんは、うちの子は悪くないの一点張りなんですって。
ためになるぞう
ためになるぞう
なんて、親馬鹿子馬鹿なんじゃ…

 

この例文のように、子供は悪事を働き、親は気がついているにも関わらず

責任転換をしたり、見て見ぬふりをすることに対して使っています。

これを参考に下にいくつか例文を載せておきます。

「例文」子は悪事を働き、親は見て見ぬふりをしてるとき

友達の親子は、とても仲がいいらしいく、いつも一緒にいる。

親馬鹿子馬鹿だな〜。

くわしいぞう
くわしいぞう
ただお互いのことを愛して、仲がいいときには、使わないのだ!

ファミレスで、子供が走り回っているのに、どうして親たちは注意もせず、放置しているんだ! 親馬鹿子馬鹿にもほどがある!

くわしいぞう
くわしいぞう
このように、子は親の愛情に溶け込み、親は子の悪事を放置しているときに使うのが正しいぞ!

 

「類義語」代表的な2つを紹介!

本

・親馬鹿子機嫌

親の過保護のもとに、その子供が胡座(あぐら)をかいてのうのうとしているという意味を指します。親馬鹿子馬鹿と同じく、子は親の甘いところに溶け込んでいますね。

・親守り子機嫌

子供が親の過保護のもとに甘んじて、ぬくぬくとしているという意味を指します。親馬鹿子機嫌ともよく似ていますね。

 

「英文」 親馬鹿子馬鹿の1つを紹介

Doting parent foal deer

直訳:親子馬鹿を溺愛

 直訳を見ても分かる通り、英語にしても、意味がよく分かりますね。

まとめ

親馬鹿子馬鹿」とは、親は自分の子を溺愛するあまり、子の愚かさに気づかず、子は親の愛情に甘えて愚かなことをすることを指します。

決して、ただ仲の良い親子には使いません!

子供が悪事をしていたら、大人は注意して教える。

当たり前のことです。

そういう子供を見かけたら、注意してあげましょう!

大人じゃない子は、大人の優しさに溶け込んではいけませんよ!

 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です