こ行

「孝行のしたい時分に親はなし」の意味とは?使い方や例文を徹底解説!

「孝行のしたい時分に親はなし」

あなたは「孝行のしたい時分に親はなし」ということわざをご存じですか?

見ればなんとなく意味は分かるかもしれませんが…そうです!親が元気なうちは、苦労や有り難みに気づけず、気づく頃には親がいなくなっている、生きている時に孝行しておけばよかったと、後悔するということです。

本記事では「孝行のしたい時分に親はなし」の意味、使い方、類義語などを徹底解説していきます!読み終える頃には立派な知識になっているでしょう!

それは知らなかった!なんてこともあるかもしれません!それでは紹介していきます。

読み方 孝行のしたい時分に親はなし(こうこうのしたいじぶんにおやはなし)
意味 親の有り難さがわかる年頃には、親はこの世にはいない。親が生きているうちに孝行せよという戒め。
使い方 孝行できなかった方、できていない方に対して
英文訳 A good thing is known when it is lost.(良いものは無くして初めてその良さがわかる)
類義語 石に布団は着せられず

 

「孝行のしたい時分に親はなし」とは

「孝行のしたい時分に親はなし」

「由来」江戸時代に作られた川柳の表現

 

江戸時代に作られた川柳から出た表現で、多くの人々の共感を得て、幕末にはことわざとしてほぼ定着し、「孝行のしたい時には~」などの異形も生じています。

「意味」親の有り難さがわかる年頃には、親はこの世にはいない

孝行のしたい時分に親はなし

孝行」とは親をうやまい、親につくすこと、「したい時分」とはしたくなった時、「親はなし」とはもうこの世にはいないこと。

すなわち、親のありがたみがわかって恩返ししようと思う年頃には、すでに親は亡くなっているということです。

「ことわざのイメージ」

親がいなくなってからでは何もできない、伝えられない

「使い方」自分の行動に後悔するとき

絶望

ためになるぞう
ためになるぞう
もうすぐお盆じゃの。
ためになるこ
ためになるこ
そうですねぇ。
ためになるぞう
ためになるぞう
思えば親には迷惑かけてばっかりで何も返せずだったの~…。
ためになるこ
ためになるこ
そうですねぇ~…孝行のしたい時分に親はなしとは良く言ったものです。

もし自分の友達や兄弟から、「親なんか…」、「親がむかつく!」などの話を聞いたときには「孝行のしたい時分に親はなし」だよ!と一言お伝えしてあげてくださいね!(^^)!

「例文」悪い例・良い例

ご臨終

まだ親も若いし、大人になってからいつでも親孝行できる。

孝行のしたい時分に親はなし」なんてありえない。

使い方としてはありなのでしょうが、基本的には後悔や戒めという意味で使うことわざなのでこの使い方はあまりしません( 一一)

孝行のしたい時分に親はなし」なんて後悔しないように今から沢山恩返ししよう。

後悔しないようにするという意味で使うのが正しい使い方です!(^^)!

「類義語」「孝行のしたい時分に親はなし」4選!

石に布団は着せられず(いしにふとんはきせられず)

親を亡くした後、自分の子供を持って、はじめて親のありがたみがわかり、後悔してもどうにもならないという気持ちが込められた表現で、「孝行をしたい時分に親はなし」とともに用いられることもあります。

樹静かならんと欲すれども風止まず(きしずかならんとほっすれどもかぜやまず)

親の生きている間に孝行せよという戒め。また、物事が思いのままにならないことのたとえ。

子養わんと欲すれど親待たず(こやしなわんとほっすれどおやまたず)

子が成長して親に孝養(こうよう)親をやしない孝行すること)を尽くそうと思うころには親はすでにこの世にない。

風樹の嘆(ふうじゅのたん)

孝行をしたいと思うときには、親はすでに亡くなっているという嘆き(なげき)。

 

「英文」A good thing is known when it is lost.

A good thing is known when it is lost.

good thing(良いもの)

known when it is lost(無くして分かる)

(良いものは無くして初めてその良さがわかる)となります!

まとめ

孝行のしたい時分に親はなし」とは、親孝行したいときには親はいないよ!後悔しないように今からやろう!という意味です!(^^)!

いかがでしたでしょうか?人生は後悔の連続です。それでも毎日頑張っていけるのは両親(家族)、友達のおかげです!「孝行のしたい時分に親はなしで、親を亡くしてから後悔ばかりの日々だ」なんてことにならないよう、小さなことでも感謝の気持ちを忘れずに、後悔の無いよう親と接していきたいですね(#^.^#)

孝行のしたい時分に親はなし」とは誰かを諭してあげる時や、自分が後悔した時に使う言葉です。

石に布団は着せられず(いしにふとんはきせられず)と一緒に使われることがあります。

 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です