さ行

酒は憂いの玉箒とは?意味や使い方や英語を解説!

酒は憂いの玉箒とは

 

酒は憂いの玉箒ということわざをしっていますか?
聞いたこともないし、そもそもなんて読むの?という方も多いかと思います。
一見難しそうなことわざですが、実はお酒好きの方は特に関係の深い言葉なんです。

本記事では、「酒は憂いの玉箒」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。

 

読み方 さけはうれいのたまははき
意味 酒は悩み事や心配事を忘れ去ることができる素晴らしいものだと賞賛したことば。
使い方 (お酒の席ですっかり心配事がなくなり)酒は憂いの玉箒とはこのことだ!
英文訳 Wine is panacea of all ill.(酒は万能薬である)
類義語 忘憂の物

 

酒は憂いの玉箒とは

酒は憂いの玉箒とは お酒を楽しく飲んでいる様子

蘇軾の詩『洞庭春色』にある「応に呼ぶべし詩を釣る鉤(釣り針)と、亦号す憂いを掃う箒と」が由来となっています。

 

「意味」酒は悩み事や心配事を忘れ去ることができる素晴らしいものだと賞賛したことば

「酒は憂いの玉箒」とは酒は憂い(心配事や悩みなど)を忘れさせてくれる美しいほうきのようなものだという意味です。

「お酒を飲むと悩み事がすっきりする」

 

 

「使い方」お酒を飲んで悩み事がすっきりしたとき

ためになるぞう
ためになるぞう
最近仕事がうまくいかなくてさ。頭がいっぱいいっぱいだよ。
ためになるこ
ためになるこ
仕事のことは忘れて今日はとにかく飲もう!
ためになるぞう
ためになるぞう
あーうまい!!うじうじ悩んでもしかないもんな。気持ちを切り替えて仕事頑張るか!
ためになるこ
ためになるこ
まさに酒は憂いの玉箒とはこのことだね。明日からまた一緒に仕事頑張ろう。

 

 

「例文」お酒は悩み事や心配事を忘れ去ることができる素晴らしいものだと賞賛するとき

酒は憂いの玉箒、お酒を飲むと悩み事が増えていくぞ。

この例文では本来のお酒を飲むと悩み事がすっきりするという意味とは真逆の意味になってしまっていますよね。
お酒と憂いという文字はあるとなんだか悪い意味のような言葉に思えますが、このことわざではお酒をいい意味で使用しているので注意が必要です。

お酒を飲んで気分爽快!これぞ酒は憂いの玉箒だな。

この例文ではお酒を飲んで気分がすっきりしたということが述べられているので正しい使い方ですね。

「類義語」酒は憂いの玉箒3つ紹介

・酒は天の美禄

・酒は百薬の長

・杞憂の物

 

「英文」酒は憂いの玉箒1つ紹介

Wine is panacea of all ill.(酒は万能薬である)

まとめ

みなさん、「酒は憂いの玉箒」の意味は理解でしましたか?
悩み事で頭がいっぱいいっぱいになってお酒に頼りたくなってしまうことありますよね。
そんなときに使えることわざなのでぜひ使ってみてください!
ただし、飲みすぎには気を付けてくださいね。

お酒は悩み事をすっきりさせてくれると言いたいときに使う

 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です