せ行

青雲の志(せいうんのこころざし)とは?意味や類義語・使い方などわかりやすく解説

 

「青雲の志」ということわざを知っていますか?

ことわざとしてはあまり聞いたことはないけど、なじみのある単語の組み合わせですね。

本記事では、「青雲の志」という言葉の意味や類義語、使い方などわかりやすく解説していきます。

 

読み方 青雲の志(せいうんのこころざし)
意味 立身出世して高位・高官の地位にのぼろうとする大きな志。

徳を磨いて立派になろうとする気持ち。

使い方 若いころは「青雲の志」を持っていたものだ
英文訳 high(lofty)ambitious
類義語 凌雲之志(りょううんのこころざし)

鴻鵠之志(こうこくのこころざし)

 

青雲の志とは

青雲の志

【由来】七世紀の中国、唐王朝の時代の文人、王勃おうぼつが書いた「謄王閣とうおうかくの序」という文章の一節から。

 

立派な人物はまずしく苦しい境遇きょうぐうにあるときでも、いっそう強い気持ちを持って、「青雲の志をとさず」(空に浮かぶ青い雲のような高い地位につきたい、という望みを失わないでいるものだ)と述べている。

 

 

【意味】立身出世して高位・高官の地位にのぼろうとする大きな志

功名こうみょうを立て、立身出世りっしんしゅっせして高位・高官こうい・こうかんの地位にのぼろうとする大きな志(社会的に良い地位につき有名になりたい)

●徳を修めて聖賢せいけんの人になろうという志(人の目は関係ないものとして、自分を高めるために生き、自分の道を生涯目指し続けたい)

という2つの意味があるようです。

言う人・使い方によって印象がずいぶん違うことになりそうですね。

 

【言葉のイメージ】

青雲(せいうん)とは雲よりもはるか上にある青空ひじょうに高いところのたとえに用いられる言葉。また高官などの地位・身分が高い人を指す語。

志(こころざし)とは心に決めた目的何かになりたいと目指す気持ち

そんな単語の組み合わせはとても前向きで力強いイメージですね。

 

 

【使い方】何かを始めようとするときの宣言

 

ためになるぞう
ためになるぞう
わしが故郷を出た時には「青雲の志」を持って、「叶うまでは故郷には戻らない」と誓って家を出たものじゃ。
ためになるこ
ためになるこ
あれから何年経ちましたかねぇ。
ためになるぞう
ためになるぞう
さぁなぁ。とにかく前だけを見て、日々努力したもんだ。

 

ためになるこ
ためになるこ
そうでしたね。その努力のかいもあって今では「青雲の士」と呼ばれていますね。

あら。なるこさんが新しい言葉をさらっと教えてくれましたよ。

社会的に良い地位に就いた人・学徳が高い人のことを「青雲の士」と呼びます。「士」とは尊敬に値する人物を指す言葉です。目指したからにはここまでいきたいものですね。なるぞうさんすごい!

「例文」青雲の志(悪い例・良い例)

別に出世なんて興味なかったけど、同期がみんな辞めちゃったから課長になれちゃった。ラッキー♪そんな俺の座右の銘は「青雲の志」だよ~。笑

「青雲の志」の根底には真面目に必死に努力する様あるので、棚ボタ的に得た時には使わないほうが良さそうです。

「青雲の志」を持って社会に羽ばたいてください。卒業おめでとう!

明るい未来に向かって羽ばたく若者へのエールとして、恩師が放つこの言葉にはかつての自分が夢見た希望や光が伴うのではないでしょうか。

 

心を改めて、「青雲の志」を抱いていただきたい。拙者せっしゃせつに望むところです。

<参考文献:海音寺潮五郎 孫子>

 

 

【類義語】を二つ紹介

●「凌雲の志」(りょううんのこころざし)…俗世間を超越した高い志。出世しようとする志。

●「鴻鵠の志」(こうこくのこころざし)…非常に大きな目標。「鴻」は(おおとり)「鵠」は(くぐい:白鳥の古い名前)

「青雲・凌雲りょううん鴻鵠こうこく」どれが一番大きな「志」なのでしょうか?

・青雲…青みがかかった雲。晴れた空。青空。非常に高いところ。                    ・凌雲…雲をしのぐほどに高いこと。                    ・鴻鵠…大きな鳥のこと。

上記のことから大きさ対決では青雲VS凌雲に絞られそうです。        どちらも雲より高い志ですが、「青雲」のほうが出世だけにとらわれない「徳を修めて聖賢の人になる」とか「自分を高めるために生きる」という生真面目さを伴う言葉のようです。                          言葉のもつ意味で大きさははかれませんでしたが、真摯しんしさや誠実さをアピールしたいときには「青雲の志」で決めてみてはいかがですか?

 

 

【対義語】なし

結論 「青雲の志」に対する対義語はありません。

意気阻喪(いきそそう)という四字熟語をご存じですか?          意味は「気力がくじけ、勢いがなくなること。」

「青雲の志」を持っていてもすぐに高いところに手が届くわけではありません。     日々コツコツ努力を重ねていても「意気阻喪」な日もあるでしょう。          そんな日はゆっくり休んで元気を取り戻し、志を新たに何度でもスタートしましょう。

 

 

【英語】high(lofty)ambitious…非常に高い野心

high(lofty)ambitious…非常に高い野心

●high…高い                                ●(lofty)…非常に高い・高尚な                        ●ambition…大志・野心

「青雲の志」まとめ

四字熟語では「青雲之志」と書きます。

【意味】                                          ●立身出世して高位・高官の地位にのぼろうとする大きな志。                            ●徳を磨いて立派になろうとする気持ち。                                       ●行いを清くする心。

澄み渡った青空のように希望に向かって努力する姿勢。

いかがでしたか?いくつになっても「青雲の志」を持って元気はつらつに生きていけたら毎日が楽しいでしょうね。                              現状は昨日と同じでも、今日からは「青雲の志」を持ってみると昨日とは違う明日がやってくるかもしれませんよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の監修者
meg
ロストエイジと呼ばれる世代で、流れるように生き、たどり着いたこの場所で「青雲の志」を持って奮闘中。まずはわかりやすい文章を心がけます。 読んでいただきありがとうございます。
 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です