し行

尸位素餐(しいそさん)の意味とは?わかりやすい使い方と例文を解説!

尸位素餐

 

尸位素餐しいそさん」ということわざを聞いたことがありますか?私は、始めてこの言葉を知りました。いったいどんな意味なんでしょう?実は、簡単に言うと、仕事をしない給料泥棒の意味があるみたいです。

高い地位にいるのに、たいした仕事をしていない人のことですね。あなたの周りにもいませんか?

本記事では、尸位素餐しいそさん」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。

では、早速見てみましょう。

読み方 尸位素餐(しいそさん)
意味 才能もないのに高い地位につき、仕事もろくろくしないで、食べてばかりいる
使い方 地位が高いひとに、もっとちゃんと働いて欲しいと陰口でいうとき
英文訳 High-ranked people do not work for salary

(高い地位にいる人が給料分働かない)

類義語 素餐尸位/伴食宰相/窃位素餐
対義語 智勇兼備/三面六臂/高材疾足

 

尸位素餐(しいそさん)

サボる

由来 は「朱雲伝しゅうんでん

 

漢書・朱雲伝しゅうんでん

朱雲しゅうんという学者が、国の大臣があまりに動かない様子をみて、皇帝に進言しました。

「雲曰、今朝廷大臣、上不主、下亡以益一レ民、皆尸位素餐」とある。

(今の大臣は、世の中を良くすることもできず、かといって民のために何かをするわけでもない。皆、尸位素餐である。)

このように、朱雲しゅうん「国の大臣たちが無能である」と皇帝にはっきり進言したことが、尸位素餐の由来になりました。

「意味」無駄に高給取り

尸位しいとは、中国で祖先を祭る際、人が仮に神霊の位につくことです。そのことから、才能もないのに高い地位につき、たいした働きもせずじっとしていることを意味します。

素餐そさんとは、何もせずに食べてばかりいること。

「ことわざのイメージ」

働きもせず、高給取りとは、給料泥棒ですね。代わって欲しいなぁ…。暇とお金を持て余すほど、楽して暮らしてみたいです。

「使い方」しっかり働いてほしい

 

ためになるぞう
ためになるぞう
テレビを見てて、なんかむなしくなるのう…。
ためになるこ
ためになるこ
どうしたの?なるぞうさん。
ためになるぞう
ためになるぞう
わしは、一生懸命にこの年まで働いて、年金もらってなんとか生活しとるのに、あの政治家は、国会で居眠りしてて何千万も国からもらえるんじゃ…。
ためになるこ
ためになるこ
そうですねぇ…。尸位素餐な政治家ばかりではないと思いますが、やじ飛ばしたり、居眠りしたりしないで国民のためにしっかり働いてもらいたいですね。

このように、居眠りなどして責務を果たしていない人に使っています。

「例文」尸位素餐2つ紹介

働き者で頼りにしているAさんは、尸位素餐しいそさんしていると思う。

働き者で役に立っている人にに使うのは悪い例です。

我が社の部長は、みんなに尸位素餐しいそさんといわれるほど、何もせずぶらぶらしている。

高給取りの部長さんが、何も指示せずぶらぶらしている様子ですね。こういう使い方は、良い例です。

「英文」尸位素餐2つ紹介

High-ranked people do not work for salary

(高い地位にいる人が給料分働かない)

high-ranked(高い地位)・people(人々)・salary(給料)

Not working for high status and salary

(高い地位と給料に見合う働きをしていない)

high status(高い地位)・salary(給料)

「類義語」尸位素餐3つ紹介

ただ食べるだけ

素餐尸位そさんしい

何もせず、働かずに食べるばかりの高給取りのこと。

伴食宰相ばんしょくさいしょう

持っている地位に見合った能力がないこと。
または、言いなりになるだけの無能な大臣のこと。
伴食ばんしょくは主客のお供をして、食事をご馳走になること。または、仕事をせずに給料をもらうこと。
宰相さいしょうは大臣のこと。

中国の唐の盧懐慎ろかいしんが、姚崇ようすうが政務を休んだときに、今まで自分が独断で物事を処理することなく、姚崇に指示を仰いでいたということに気づきました。そして自分の能力が姚崇に及ばないということを知りました。
それから盧懐慎ろかいしんは、人々から「伴食宰相」と呼称されたという故事が由来です。

窃位素餐せついそさん

高い地位をもっているだけの無駄飯食い。
または、職務を果たさず、無駄に高い給料を得ていることのたとえ。
「窃位」は才能も人徳もないのに高い地位についていること。
「素餐」は何もせずに食べること。

「対義語」尸位素餐3つ紹介

智勇兼備ちゆうけんび

知恵も勇気も兼ね備えていること。

三面六臂さんめんろっぴ

三つの顔と六つの腕をもつ意味から、一人で何人分かの働きをする人のこと。また、一人で多方面にわたって活躍すること。「面」は顔。はひじ・腕のこと。

高材疾足こうざいしっそく

すぐれた才能や、すばやい処理能力を持った者のことです。

「高材」はすぐれた才能を持っていることで、「疾足」は足が速いことです。

まとめ

たいした働きもせず、高給取りとは、腹立たしいかぎりです。その人がもらう給料をみんなに分配すべきです。そうしたら、世の中の格差が亡くなるのにと思わずにはいられません。

意味は、人望も才能もないのに高い地位につき、たいした働きもせずにいるにもかかわらず高給取りであるということです。

使い方は、良い意味ではないので、本人に直接は言えないから、陰で悪く言うときに使います。

みなさんも働き過ぎは良くありませんが、仕事をしてなさすぎると、裏でこんな風にいわれているかもしれません。気をつけましょう。

高給取りや地位が高い人に向けていう言葉なので、平民には関係ないですね。使うときには、良い感じのことわざではないので、注意してくださいね。

 

この記事の監修者
momosaku
webライターです。少しでもお役に立てる記事を書くことを心がけています。好奇心旺盛、向上心のあります。 わかりやすい文章を書くことを心がけています。 主に、夜間に活動しています。
 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です