四十にして惑わず(しじゅうにしてまどわず)の意味とは?英文や類義語など徹底解説!

四十にして惑わずの意味とは?英文や類義語など徹底解説
URLをコピーする
URLをコピーしました!

あなたは四十にして惑わずということわざの意味を知っていますか?

このことわざの意味は四十歳になって道理も明らかになり、人生上の様々な問題にも惑うことがなくなるという意味です。

本記事では、「四十にして惑わず」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。

 

読み方 四十にして惑わず(しじゅうにしてまどわず)
ローマ字 shijunishitemadowazu
意味 人間は40歳にもなれば、惑うことがなくなるものだ、ということ。
使い方 いつまでも迷っていたり、落ち着いた行動をしない人に対して助言の意味使われる。
英文訳 Don’t be confused by forty. At forty, I had no doubts.
類義語 四十しじゅうにして心動かさず 四十しじゅう分別ふんべつざかり 不惑ふわく

 

目次

四十にして惑わずとは

四十にして惑わず(しじゅうにしてまどわず)の意味とは?英文や類義語など徹底解説!

由来 孔子の論語の言葉です。七十四歳まで生きた孔子が生涯を振り返って述べた言葉です。このことから四十歳を不惑(ふわく)と言います。

「意味」四十歳になって道理も明らかになり、人生上の様々な問題にも惑うことがなくなる

「四十にして惑わず」の意味はシンプルに40歳にもなれば、心を乱したり迷ったりすることがなくなる意味です。

「使い方」人生を振り返るとき

 

ためになるぞう
わしは40歳ぐらいのとき悩むことが少なくなったなあ
ためになるこ
そうですね。私も40代が悩んだりすることが少なくなってきた時期だったわ
ためになるぞう
これがまさに四十にして惑わずってことかのう
ためになるこ
そうですね。その通りですね

 

「例文」自分自身について考えるとき

四十にして惑わず(しじゅうにしてまどわず)の意味とは?英文や類義語など徹底解説!

40歳になったが、まだまだ自分の進む道がわからない。四十にして惑わずということです。があるが、迷ってばっかりだ。

 

40歳になると人生で色々経験をして、迷うことが少なくなってきたな。まさに四十にして惑わずだ。

 

「類義語」四十にして惑わずを3つ紹介

四十は分別ざかり

四十歳は人生経験を積んで、世の中の道理がもっともよくわかる年頃

四十にして心動かさず

四十歳にもなれば、惑うことがなくなるという意味

不惑

四十歳の別の呼び名

 

「英文」四十にして惑わず2つ紹介

Don’t be confused by forty.(直訳 40歳で混乱するな)

confused by~ ~によって混乱している

 

At forty, I had no doubts.(直訳 40歳では、疑いがなくなる)

doudts 疑い

まとめ

四十歳は不惑の年だということがわかりました。

ある程度、人生経験を積むと悩んだり、様々なことに対処できるという事になりますね。四十歳は2度目の成人式という言葉もある通り、様々な経験は人を成長させる事に繋がっていきますね。

間違えやすいポイント

四十にして迷わず⇒×

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる