い行

春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)の意味とは?使い方や例文を解説

春の時期に使う「春眠暁を覚えず」ということわざ、ご存知ですか?

春の夜は心地良くて、朝が来たことに気付かず、いつの間にか朝が来て、つい寝過ごしてしまったという意味です。

春暁しゅんぎょうという詩の冒頭部分から来ています。

春の夜明けの良さ、春の素晴らしさを表現している詩です。

本記事では、「春眠暁を覚えず」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。

読み方 春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)
意味 春の夜は心地よく、朝になったことに気付かず思わず眠り込んでしまう
使い方 春の夜は心地良くて朝寝坊してしまう
英文訳 In spring one sleeps a sleep that knows no dawn.(

春眠は夜明けを知らない眠り)

類義語 朝寝(あさね)

 

「春眠暁を覚える」とは

朝日の光

 

【由来】

中国唐人の詩人、孟浩然(もうこうねん)の詩「春暁(しゅんぎょう)」という題名の漢詩の冒頭部分から来ている。

孟浩然とは、

689年〜740年の唐の時代に活躍した人で、

自然を題材にした詩が評価された詩人

出世欲がなく、各地を放浪していた人。

孟さん
孟さん
春の朝の心地良さを詩にしてみたぞ!

漢詩の原文「春眠不覚暁」

春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)

処処啼鳥を聞く(しょしょていちょうをきく)

夜来風雨の声(やらいふううのこえ)

花落ちること知る多少(はなおちることしるたしょう)

a<y

< 訳 >

春の夜の眠りは心地良く朝が来たのにも気付かなかった

あちらでもこちらでも鳥の鳴き声が聞こえる

昨晩は風や雨の音がしていたが

花はどれぐらい散ってしまったのだろう

「処処」は、あちらこちら

「啼鳥」は、鳥の鳴き声

「夜来」は、昨晩

「多少」は、どれぐらい

「意味」春の夜は心地が良く、朝寝坊してしまう

窓辺の朝の光

・「春眠暁と覚えず」とは、春の夜の眠りは心地良く朝になったことに気付かず、つい寝過ごしてしまうという意味です。

「春眠」とは、春の夜の心地良い眠り

「暁」とは、夜明け

「覚えず」とは、知らず知らずのうちに

「ことわざのイメージ」

・春は心地良くて朝寝坊をしてしまう

「使い方」春の夜は心地良くて朝寝坊をしてしまう

朝の目覚めし時計
ためになるぞう
ためになるぞう
春の夜は心地いいな〜
ためになるこ
ためになるこ
そうですね
ためになるぞう
ためになるぞう
朝寝坊をしてしもうたわ
ためになるこ
ためになるこ
私もですよ。春眠暁を覚えずですねー

「例文」春眠暁を覚えず「悪い例・良い例」

朝の光

今日の授業中についついウトウトしてしまったよ。春眠暁の覚えずだね。

孟さん
孟さん
これは違うぞー、昼間には使わないぞー。夜の睡眠の時に使う言葉じゃ

正しい使い方は、夜明けに気付かないほど、心地良い眠りという意味で使われます。

春の朝は、本当に起きるのが大変だよー。大学生活が始まってから、授業が始まるギリギリか遅刻をしてしまうんだ。春眠暁の覚えずって言うじゃないー

孟さん
孟さん
この使い方は、◯。春の時期に使っているからOK!じゃ

使える時期は、春。

使えない時期は、晩秋〜初冬。

「類義語」を春眠暁を覚えず1つ紹介

心地よい眠り

朝寝(あさね)

中国の風景

意味は、朝まで眠ること。

孟さん
孟さん
今朝は、天気も晴れてつい、朝寝してしもうた

「英文」I spring one sleeps a sleep that knows no dawn

I spring one sleeps sleep that knows no dawn.

<訳>春の眠りの夜明けを知らない

まとめ

いかがでしたか?

春の夜は気持ち良く眠れて、夜が明けるのが早く感じたことありませんか?

「春は心地良くて、なかなか起きれられないなー」「春は、寝過ごしてしまう」という時に、使える言葉です。

春眠暁を覚えずとは、春の夜明けは心地良くて、つい朝が来たことにも気付かず寝過ごしてしまうという意味です。

使い方に、注意です!

①春の時期に使う言葉。

②秋や冬には使いません。

 

 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です