し行

「愁眉を開く」(しゅうびをひらく)の意味とは?わかりやすい使い方と例文を解説!

愁眉を開く

愁眉を開く」という言葉を知っていますか?眉を寄せて難しい顔をしていた人が、心配事がなくなってほっとすることです。心配事があると、次々と心配事がでてきますよね。ほっとすると、眉にも力はいらないですよね。

本記事では、愁眉を開く」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。では、見てみましょう。

 

読み方 愁眉を開く(しゅうびをひらく))
意味 心配事や悲しみなくなって安心すること
使い方 心配していたことがなくなってほっとしたとき
英文訳 Relieve from sad feelings(悲しい気持ちから解放する)
類義語 眉を開く/安堵する
対義語 眉をひそめる

 

愁眉を開く

安心する

由来は、劉兼の詩『春遊』の中の「愁眉を開く」という言葉からきています。

春遊原文:

柳成金穗草如茵,載酒尋花共賞春。
先入醉鄉君莫問,十年風景在三秦。
搖搖離緒不能持,滿郡花開酒熟時。羞聽黃鶯求善友,
強隨綠柳展愁眉。隔雲故國山千疊,傍水芳林錦萬枝。
聖主未容歸北闕,且將勤儉撫南夷。
詩詞作品:春遊
詩詞作者:【唐代劉兼

出典:春遊

中国の後漢の時代に、女性たちは、化粧で眉をいろんな描き方をするのが流行っていました。その中でも細く曲がった眉の描き方が、うれいを誘った心配そうな表情になることから愁眉しゅうび」という言葉ができました。

「意味」解決して心が晴れる

愁眉を開く」とは、悩んでいた心配事が無くなって安心することです。

「愁眉」⇒眉をひそめて、悩んだり、難しく考えすぎている様子のことです。心配そうな顔つきをしていることです。

「愁い」⇒気持ちが悲しく沈んで晴れないことです。自然と悲しくなること。嘆き悲しんだり、悩むことです。

眉を「開く」とは、どうにもならないぐらい悲しくて沈んでいたが、解決して無駄な力が抜け、心が晴れた状態を表しています。

「ことわざのイメージ」

不安や悲しみがあると、ふさぎ込んでしまい、考えれば考えるほど、眉に力が入り、寄ってしまいます。不安が晴れ、気持ちが明るくなるのは、心が軽くなって、素晴らしいことですね。

「使い方」良かった安心した

連絡がきた
ためになるぞう
ためになるぞう
ニュースで遭難者が出たと言っていたそうじゃが、ためになるZOさんは、大丈夫かの…。心配じゃのー。
ためになるこ
ためになるこ
そうですねぇ。何の連絡もないし…。無事に帰ってきてくれるかしら…。心配ですねー。
ためになるZO
ためになるZO
みんな。わしは、無事に下山したぞ。元気にしとるぞ。
ためになるぞう
ためになるぞう
おお、ようやく返信がきたぞ。大丈夫そうじゃな。良かった。良かった。
ためになるこ
ためになるこ
エベレスト登山に出掛けると聞いてから、無事を確認するまで心配で心配で…。無事に下山できて愁眉を開くとはこのことですね。

このように、心配していたことが解決して安心するときに使います。

「例文」愁眉を開く2つ紹介

会議で、取り返しのつかない発言をしたが、その場で愁眉を開いた

雰囲気が悪くなったことを、開き直ることに使うのは、間違いで悪い例です。

交通事故で大けがをした彼が、手術が無事終わり、見守る家族は愁眉を開いた

心配そうな顔つきをしていた家族が、安心して、ほっとできたときに使うのは、良い例です。

「英文」愁眉を開く2つ紹介

Relieve from sad feelings

悲しい気持ちから解放する

relieve(緩和)・sad(悲しい)

I was relieved that I was no longer worried

心配がなくなって安心した。

relieved(緩和)・worried(心配した)

「類義語」愁眉を開く2つ紹介

安心する。

眉を開く

心配事がなくなって、晴れやかな顔になること。

例文

一週間も迷子になっていた愛犬が、元気で見つかり、眉を開くことができた。

安堵する

気掛かりなことがなくなって安心すること。

例文

外国に留学していた息子が、今日、帰国し、3年ぶりに顔を見て、安堵した

「対義語」愁眉を開く2つ紹介

眉をひそめる

心配なことがあったり、また、他人の嫌な行為に不快を感じて顔をしかめる。眉根を寄せる。

例文

常識はずれな行動をする彼に、周りは眉を顰めてみている。

眉根を寄せる

不快感などから顔をしかめ、それによって眉の根本が中央に寄り合うこと。

例文

苦くて嫌な薬を目の前にだされ、眉根を寄せる母であった。

まとめ

心配事があると、次々と心配事がでてきます。「愁眉を開く」とは、眉を寄せて難しい顔をしていた人が、心配事がなくなってほっとすることです。安心すると眉にも力はいらず、リラックスできますよね。

意味は、悩んでいた悲しみや心配事が無くなって安心することです。

使い方は、心配していたことが解決して安堵したときに使います。

愁眉を開くの「うれい」に似た言葉で、「うれい」があります。

「憂い」は、良くない状態を予測して、心を痛めたり不安になること

「愁い」は、嘆き悲しんだり、理由もなく悲しくなること

同じ読み方をする 「憂いうれ」と「うれい」ですが、どちらをを使っても大きな意味の違いはありません。

「心配や不安」を表現する場合は「憂い」を使い、

「悲しさや寂しさ」を表現する場合は「愁い」を使います。

 

この記事の監修者
momosaku
webライターです。少しでもお役に立てる記事を書くことを心がけています。好奇心旺盛、向上心のあります。 わかりやすい文章を書くことを心がけています。 主に、夜間に活動しています。
 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です