天網恢恢疎にして漏らさずとは?使い方や例文、類義語を解説します!

天網恢恢疎にして漏らさず
URLをコピーする
URLをコピーしました!

“天網恢恢疎にして漏らさず” あなたは読めますか?

天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかいそにしてもらさず)と読みます。
天網・・・恢・・・恢疎・・・漏らす・・・?
難しい漢字が並んでますね。
本記事では、「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。読み終わるころには、”天網恢恢疎にして漏らさず”を使ってみたくなるかもしれません!
それでは、見ていきましょう!

読み方天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかいそにしてもらさず)
意味天道とは厳正なもので悪さをすれば必ず天罰が下る
使い方「だれも見ていなくても、きっと悪事は明るみになる」、または「必ず自分に返ってくる」と自分や相手を戒めるために使います。
英文訳Heaven’s vengeance is slow but sure. (天罰はすぐには来ないが、必ず来るものだ)
類義語神は見通し
由来

『老子』に「天網恢恢、疎ニシテ失ワズ」、『魏書』に「天網恢恢、疎ニシテ漏ラサズ」とあるのに基づきます。

意味
天が悪い人を捕えるために張りめぐらせた網目は粗いが、罪人は一人も漏らさず取り逃さない。天道は厳正であり、悪事をすれば必ず報いを受ける。

「天網」・・・天の張りめぐらす網のこと。「天網」は、「天がめぐらせた網」を指します。何の目的ための網かといえば、「悪事を犯した人や悪い事を逃さないための網」です。「天」は「空」を表現するのではなく、「神みたいな信仰の対象」または「運命」などを意味します。

「恢恢」・・・広くて大きい様子。「広くて大きく、またゆったりしている様」を表します。

「疎」・・・目が粗いこと。漢字「疎」を訓読みすると「おろそ(か)」や「とお(す)」ともいい、意味は「まばら」です。

つまり、「天網恢恢疎にして漏らさず」をわかりやすく言うと、「神様が悪い人を捕らえるための網は、粗いようで実は大きくて広いので、悪い人を漏らすことなく捕まえられる」となるのです。

ためになるこ
随分前に2丁目の くわしいぞうさんの家に入った泥棒がやっと捕まったそうですよ
ためになるぞう
そうか。。天網恢恢疎にして漏らさずとはこの事だな
ためになるこ
どうゆう意味ですか?
ためになるぞう
天の張る網というのは、広くて一見目が粗いように感じるものだが、悪い人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということじゃな。

「例文」戒め

天網恢恢疎にして漏らさず
彼はまだ捕まっていないが、「天網恢恢疎にして漏らさず」だ。いずれ捕まるだろう。

必ず露見するもので、そもそも悪事をはたらいてはいけないという戒めとして用いられます。

「類義語」神は見通し

天網恢恢疎にして漏らさず
神様にはどんなことでもみえているから、偽ったり隠したり出来ないという意味になります。

見通しとは「見抜く」という事です。

見抜くだけなら人でも出来ますが、それは人や場所、状況などからの痕跡を頼りに経験や直観によって判断する。つまりは間接的は「見通し」と言えます。

天や神はそうではなく、「直接」そのもを見てるのです。

だからこそ間違えることなく正しい裁きが行われます。

「対義語」天に目なし

天網恢恢疎にして漏らさず
「天に目なし(てんにめなし)」とは「点に目があるわけではないので、多少の悪事を働いても心配する必要はない」ということです。

類義語では紹介しませんでしたが「天に眼」という言葉を否定したのがこの言葉。

「天に眼があるんていうけど、あるわけないだろう。だからバレはしない」という屁理屈見ないな言葉ですね。

「英文」Heaven’s vengeance is slow but sure.

天網恢恢疎にして漏らさず
Heaven’s vengeance is slow but sure. : 天罰は遅くとも必ず来る。/天網恢恢疎にして漏らさず。

vengeance・・・復讐

まとめ

悪いことをすれば必ず天罰がくだる。

神様みたいな言葉でしたね。

良い行いをしても神様が見ていてくださる。

そんな世の中になってほしいものですね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる