と行

虎に翼(とらにつばさ)の意味とは?使い方や例文を徹底解説!

虎に翼

あなたは虎に翼(とらにつばさ)ということわざを知っていますか?

あまり聞きなれないことわざかもしれません。

意味は「勢力のある者にさらに勢力を加えることのたとえ」を表します。

本記事では、「虎に翼(とらにつばさ)」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。

読み方 虎に翼(とらにつばさ)
意味 勢力のある者にさらに勢力を加えること
使い方 強い人、優れている人がさらに力を得てうらやましく思うとき
英文訳 making the strong even stronger
類義語 鬼に金棒

 

虎に翼とは

虎, シベリアトラ, 雪, 捕食者, 肉食動物, 冬, 虎, 虎, 虎, 虎
由来

中国の王朝・唐の歴史家・令狐徳棻(れいことくふん)等が、唐の第2代皇帝・太宗(たいそう)の勅命により記した紀伝体の断代史で、二十四史の一つでもある「周書」の一節「母為虎傳翼」が語源とされている。現代語訳に直すと「虎の為に翼を傳(付)くるなかれ」となり、意味は「もとから強い虎に翼を与えることはするな」となる。

「意味」勢力のある者にさらに勢力を加えること

虎に翼(とらにつばさ)の意味は「勢力のある者にさらに勢力を加えること」を表します。

ただでさえ強いものにさらなる強い力が加わることで、あまりいい意味では使われません。

「ことわざのイメージ」

あんなに強い人にさらに強い力が加わると手がつけられないといった感じです。

「使い方」強い人、優れている人がさらに力を得てうらやましく思うとき

ためになるぞう
ためになるぞう
あの仕事ができる彼はどこへ転職したの?
ためになるこ
ためになるこ
私たちのライバル会社よ。
ためになるぞう
ためになるぞう
仕事ができる上にライバル会社に就職とは虎に翼だなあ

「例文」悪い例・良い例

あの子はかわいくて勉強もできて虎に翼だ。

いい意味に使われることは基本ありません。

あんなにわがままな人に役職を付けてしまったらもっとわがままになる。まさに虎に翼だ。

「類義語」虎に翼・1つ紹介

鬼に金棒(おににかなぼう)

鬼に金棒とは、ただでさえ強い鬼に強力な武器である金棒を与えるとさらに強くなってしまうという意味です。つまり、もとから強い者になにかを持たせたり加勢したりすると、一層強力になることを表しています。

「英文」making the strong even stronger

making the strong even stronger

「強いものをもっと強くする」という意味

まとめ

ここまで虎に翼(とらにつばさ)の意味や使い方について述べてきました。

言葉のままの意味でもありますので覚えやすいかと思います。

是非使ってみてください。

意味:勢力のある者にさらに勢力を加えることのたとえ

 

 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。