月と鼈(つきとすっぽん)とは?言葉の意味・使い方・類義語を徹底解説!

月とスッポン
URLをコピーする
URLをコピーしました!

みなさんは「月とすっぽんということわざを耳にしたことはありますか?

何か物事を比較したりするときによく出てくる言葉なんじゃないかと思います。

本記事では、この「月とすっぽんについて詳しく解説していこうと思っております。

それでは、始めていきましょう。

読み方 月と鼈(つきとすっぽん)
意味 どちらも見た目が丸く形は似ているが、実際には全く違うことから、二つの物の差が非常に大きいことを意味している。
使い方 私の子供は、兄は毎年リレーの選手に選ばれる程足が速いが、弟はいつも徒競走でビリだ。まさに兄弟で月と鼈だ。
英文訳 like day and night(昼と夜ほど)
類義語 雲泥うんでい
提灯ちょうちん釣鐘つりがね
対義語 五分五分ごぶごぶ
甲乙こうおつ付けがたい

 

目次

月とすっぽんとは

月と鼈

由来・語源

「月とすっぽんの中に登場する「月」は、満月で丸い状態の月です。一方のすっぽんも甲羅が丸々としており、丸い形は共通しています。しかし、実際には似ているのはその形だけで、月の美しいイメージに対して、すっぽんは汚れたイメージがあります。このことから、優れたものと劣ったものを比べる時に「月とすっぽんが用いられます。

 

「意味」月と鼈

「月とすっぽんの意味とは、どちらも見た目が丸く形は似ているが、実際には全く違うことから、二つの物の差が非常に大きいことを意味している。

 

「ことわざのイメージ」

見た目は似ていてもその物の使い方や見え方は違うということ。

 

 

「使い方」月と鼈

盆栽大会

ためになるぞう
ばあさん、盆栽大会で隣のじいさんが優勝したぞ~
ためになるこ
おじいさんの盆栽は?
ためになるぞう
わしの盆栽は隣のじいさんの盆栽とは全然勝負にならなかったよ。。。
ためになるこ
月とすっぽんってこのことですね。
ためになるぞう
ひどいなぁ~ばあさん。でも来年こそは頑張るぞ~

 

「例文」月と鼈

選択肢?

丸いおにぎりと三角のおにぎりどっちにしよう。形は違うけど「月とすっぽんだからどっちを食べても変わらないけど形に迷う。

いるか先生
これは形が違っても中身はおにぎりだからことわざの意味と違っているから使い方は間違えだピー

運動会にて

私の子供は、兄は毎年リレーの選手に選ばれる程足が速いが、弟はいつも徒競走でビリだ。まさに兄弟で「月と鼈」すっぽんだ。

いるか先生
兄弟でもこれだけ差が出るとはまさに驚きだピー

「類義語」2つ紹介

雲泥うんでいの差

意味:非常にかけ離れていること。

 

提灯ちょうちん釣鐘つりがね

意味:どちらも吊り下げるものであるが、重さがまるで異なり、つり合わないこと。

「対義語」2つ紹介

五分五分ごぶごぶ

意味:双方とも互角で、優劣のないこと。

 

甲乙こうおつ付けがたい

意味:2つのものを比較した際に、実力が同程度でどちらの方が優れているか判断するのが難しいこと。

 

「英文」1つ紹介

like day and night(昼と夜ほど)

同じ日常でも昼と夜では見た目も気持ちも違うのに同じ日だということ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「月と鼈」すっぽんとは見た目は同じでも比較できないという意味で見た目だけでは判断しがたいという事ですね。

私個人的な考えですが、月とすっぽんを比較していますが、亀とすっぽんも見た目が似ているし、池や川などで生息していて類似していると思います。また亀はノロノロしているイメージがありますが、すっぽんは噛みつくと離さない凶暴きょうぼうなイメージで、気を付けないといけない生き物だと思います。この二つも「月とすっぽんではないでしょうか。

最後までお付き合いありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる