と行

読書百遍義自ずから見る(どくしょひゃっぺんぎおのずからあらわる)とは?意味や使い方を徹底解説!

瑠璃子
瑠璃子

皆さん、本は読みますか?

難しい本に出会ったとき、途中であきらめますか?
それともあきらめずに最後まで読みきりますか?

読書百遍義自ずから見る」とは、どんな難解な書物でも繰り返し熟読すれば、自然に意味が通じるようになる。という意味のことわざです。

 

本記事では、「読書百遍義自ずから見る」という言葉の意味や類義語、使い方など徹底解説していきます。

それではみていきましょう!

 

読み方 読書百遍義自ずから見る(どくしょひゃっぺんぎおのずからあらわる)
意味 どんな難解な書物でも繰り返し熟読じゅくどくすれば、自然に意味が通じるようになる。
使い方 ・難しい読書に挑戦している時
・多くの書物を手当たり次第に読む乱読らんどくを戒める時
・分からないとすぐ他人に頼る人に対して
英文訳 Repeated reading makes the meaning  clear.
(くり返し読めば意味がはっきりしてくるものだ。)
類義語 ・誦数以て之を貫く(しょうすうもってこれをつらぬく)
・読書百遍意自ずから通ず(どくしょひゃっぺんいおのずからつうず)

 

「読書百遍義自ずから見る」とは

読書百遍義自ずから見る

 

由来

中国三国時代のに関する歴史書『魏志ぎし王粛おうしゅく伝注董遇とうぐう

魏の学者董遇とうぐうが弟子入りを申し込んだ者に対して言った

読書千遍せんぺんおのずかあらわ」からなる。

アキラ
アキラ
王粛伝注董遇伝の「注」とは資料や文献の出典を表す言葉で、現代でいう「引用」と同じ意味の言葉です。

 

読書三余のほかに、読書に必要な三つの心得の読書三到どくしょさんとうという言葉もある。
本を読んで真意を理解するには

眼倒がんとう 目でよく見
口倒こうとう 口に出して読み
心倒しんとう 心を集中して読む

この三つが大切である。

 

「意味」熟読の必要性を説いた言葉

読書

 

読書百遍義自ずから見るとは、どんなに難しい本でも何回も読めば、自然と意味がわかるよいうになる。という意味のことわざです。
乱読らんどく(色々な本を手当たり次第に読むこと。)を戒め、熟読じゅくどく(文章をよく味わいながら読むこと。)の必要性を説いた言葉です。

単語で区切ってわかりやすく

読書:本を読む。
百遍:百回行うということから、何度も行うことのたとえ。
:意味、道理。
ずから:自然と、知らないうちに。
:表に出る、知らせる。

見る」を「みる」と読まないように!
見る」を「現る」と記さないように!
」を「」「」「」などと書きちがえないように!

 

イメージ

 

「使い方」難解な読書に挑戦しているとき

読書百遍義自ずから見る」ということわざは、どんな時に使うのか、なるぞう爺さんたちの会話からみていきましょう。

ためになるぞう
ためになるぞう
婆さんや!わしのメガネは知らんかい?おや、またその難しそうな本を読んでおるのじゃな。
ためになるこ
ためになるこ
読書百遍義自ずから見るというように最初は意味不明でしたが、繰り返し読んでたら面白くなってきたんですよ。
ためになるぞう
ためになるぞう
ほぉ〜!それはよかったのう!はて、何か忘れているような…
ためになるこ
ためになるこ
メガネはおでこに乗っかっていますよ…。

 

幸子
幸子
なるこ婆さんにとっては、なるぞう爺さんの相手をする方が難解かもしれませんね…。

 

「例文」諦めてる人を励ますとき

ここでは、日常のどんな場面で「読書百遍義自ずから見る」を使うのか見ていきましょう!

読書百遍義自ずから見ると言うから、手当たり次第、読書してみよう!」

沢山の本
上記の場合、手当たり次第に乱読しようとしているので、乱読を戒める意味も含む「読書百遍義自ずから見るを使うのは不適切です。

 

「今読んでる本は、漢字が多いからってすぐ諦めるんじゃないよ。読書百遍義自ずから見るっていうじゃないか。」

慰める

 

読書百遍義自ずから見るというのだから、分からないことをすぐに人に聞くんじゃなく自分で調べてみなよ。」

疑問
菊代
菊代
このように「読書百遍義自ずから見る」とは、努力せずにすぐ諦めてしまう人に対して使うこともできます。

 

「類義語」読書百遍義自ずから見る 2つご紹介

誦数以て之を貫く(しょうすうもってこれをつらぬく)

何度も何度もくり返し読むことによって、書物の内容が次第に理解できるようになること。

例文「挫折しそうな難しい歴史書だが誦数以て之を貫くというし、もう少し読み続けてみるよ。」

「誦」は「読む」という意味。

 

難解

 

読書百遍意自ずから通ず(どくしょひゃっぺんいおのずからつうず)

「読書百遍義自ずから見る」と同じ意味です。

「義」を「意」、「見る」を「通ず」と変えた言い回しです。

読書百遍という様な言葉が、今日、もう本当に死語と化してしまっているなら、読書という言葉も瀕死の状態にあると言っていいでしょう。

参考文献:小林秀雄『読書週間』

難しい本

 

「英文」Repeated reading  makes the meaning  clear.

読む

 

Repeated reading makes the meaning  clear.

くり返し読めば意味がはっきりしてくるものだ。

Repeated reading:くり返し読むこと
makes the meaning:〜の意味がより
clear:はっきりした

理解する

 

 

まとめ

いかがでしたか?

読書百遍義自ずから見るとは、「難しい書物でも何回もくり返して読めば、自然と意味がわかるようになる。」という意味で、熟読じゅくどくの大切さを乱読らんどくいましめる言葉です。

多くの本を読んで色々な知識を身につけることも大切ですが、何度も読み返すことで、それまで読んだ時には知り得なかった「新たな世界」を見つけることができるかもしれませんね。
難しくても「この本は何度でも読み返したい自分の人生のバイブルだ!」と言える、自分の人生を変えるような1冊に出会ってみたいものですね!

素敵な本

読書百遍義自ずから見る

意味難しい書物でも、何回もくり返して熟読すれば意味が自然と明らかになる。熟読が肝心であると説いた言葉。

由来:中国の学者董遇とうぐうが、読書の大切さを弟子に説いた「読書千遍せんぺんおのずかあらわる」という言葉から

使い方難しい読書に挑戦している時や、乱読らんどくを戒める時に使います。

ABOUT ME
あべまろ
飼い猫の奴隷と化しているあべまろと申します。 読者の方が飽きずに、ためになり、読み終わったあとにほっこりするような記事制作を目指しております。 好奇心旺盛で、映画やヨガやコストコや猫など好きなものたくさんあります。
 このことわざをマスターしたらInstagramFacebookTwitter
などであなたのことわざの使い方や感想が見てみたいです。
それらにハッシュタグを付ける#ナルゾウ 
再訪問するときも「カタカナでナルゾウを検索」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。